あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<有村架純> 映画&ドラマ『前科者』で彼女が演じる「保護司」って?



>>>『前科者』画像を全て見る

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

映画『花束みたいな恋をした』『るろうに剣心最終章The Final』『同 The Beginning』『太陽の子』『人と仕事』など、2021年の有村架純の俳優としての躍進はめざましいものがありました。

そして同年の晩秋からWOWWOWでオンエアされたTV「前科者―新米保護司・阿川加代―」、および2022年1月28日から公開される映画『前科者』は、これまでの彼女のキャリアの中でも特筆すべきほどに素晴らしい、今後の有村架純を語るときに絶対忘れてはならない代表作になったと断言できます。

作品そのものとしてもユニークな制作形態であり、また現代社会の闇と光の双方を見据えた秀逸な出来栄えなのでした!

>>>【関連記事】『花束みたいな恋をした』ってタイトルそのものが、何よりもの名言説。

>>>【関連記事】「前科者 」:こんな有村架純、見たことない!

>>>【関連記事】有村架純の魅力、軌跡を知る5本の映画を紹介

TVと映画のリンク稀有な成功例



『前科者』はTV「監察医 朝顔」(19)や映画『羊の木』(18)などで知られる脚本家・香川まさひとが原作、月島冬二が作画を担当する「ビッグコミックオリジナル」連載中の同名コミックの映像化です。 まずは30分枠・全6話のTVシリーズ「前科者―新米保護司・阿川加代―」(監督:岸善幸&岡下慶仁/脚本:港岳彦)を2021年11月20日よりオンエア開始(現在はWOWWOWオンデマンドやAmazon Prime Videoで配信中)。

保護司とは、罪を犯した者の更生を助ける無給の国家公務員のことで、有村架純はサブ・タイトルに偽りなく、まだ保護司になってまもない阿川加代を演じています。

そして映画『前科者』はTVシリーズから3年後の、少しだけ保護司として成長した加代の新たな試練を、『あゝ、荒野』(17)で絶賛され、TV版「前科者」1&2話を手掛けた岸善幸の監督&脚本で描いていきます。

TV版は原作に沿ったエピソード3本をそれぞれ前後編スタイルでを映像化したものですが、映画版はオリジナル・ストーリー。
(原作者が岸作品のファンということで、全面的な信頼のもとでオリジナルの許諾を得られたとのこと)

ここで、TVを見てないと映画版がわからないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは全く問題なし!

TVと映画、どちらから先に見ても楽しめますし、どちらかを先に見たらすぐにもう片方を見たくなることも必至! TVから先に見たら、新米の加代が時を経てどのくらい成長しているかが気になることでしょう。映画から先に見たら、彼女の新米時代がどうであったかが気になって仕方がなくなるはず。



これには、当然ながら加代という役柄に対する有村架純の想いの深さと、それを魅力的に体現し得る天性の才覚が見事に融合したものと思われます。

加代はどちらかというとダサくて地味で生真面目で、しかしながら妙に愛らしいところがあり、かと思うとふっと陰を忍ばせることもあります(その理由は作品をご覧になればわかります)。

こういうキャラクターは、少しでも作為が見えてしまうと白けてしまうことが往々にしてあるものですが、有村架純はこれまでどのような熱演を要求される役柄も決してヒートアップしすぎず、程良く温かい(もしくは涼しい)風を巧まずして自然に映像に吹き込むことに長けた女優であり、その長所が今回も遺憾なく発揮されているのです。
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > TV&映画共通キャラに加えて森田剛、磯村隼斗が新規参戦!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会