あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【Netflix】埋もれた名作5選『ムーンナイト』監督過去作etc



皆さんは、マーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』の監督過去作やカメルーン映画、2021年のベルリン国際映画祭受賞作などがNetflixで配信されていることをご存知だろうか?

Netflixでは毎週のように世界中から魅力的な作品が配信されている。そうなると、どうしても埋もれてしまう作品があるもの。

今回はNetflixに埋もれている名作を「5本」紹介する。

1:『護送車の中で』


アメリカ映画界では新気鋭の監督に、大作のメガホンを託す傾向がある。『ノマドランド』のクロエ・ジャオは『エターナルズ』を手掛けた。また、ニュージーランドの監督タイカ・ワイティティは『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』で注目されて以降、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手掛け、バンド・デシネ(フランス語圏のコミック)「アンカル」の監督に抜擢された。

エジプトにも見出された監督がいる。

それはモハメド・ディアブだ。

彼はマーベルのドラマシリーズ『ムーンナイト』(2022年3月30日にディズニープラスで配信)の監督である。利己的な男が何度も同じ日を繰り返すタイムリープ映画『Congratulations』などの脚本を手掛け、2010年の『Cairo 678』で監督デビューを果たす。スリやナンパに悩まされる女性が復讐の鬼となり、満員電車で男性の急所を攻撃する。エジプト女性版『狼よさらば』といった作品となっている。



そんな彼の監督2作目『護送車の中で』がNetflixで配信されているのだ。2013年のエジプトクーデターを描いた本作は、護送車の中だけで警察と市民の戦いに巻き込まれるジャーナリストの手汗握る脱出劇が描かれている。

護送車に2人のジャーナリストが押し込められる。彼らは窓から助けを求めるが、誤解されて石を投げつけられる。それを見ていた警察は、石を投げた群衆も護送車に押し込む。老若男女が詰め込まれた護送車。連絡手段は青年が持っている携帯電話とジャーナリストが隠し持つスマートウォッチだけ。

なんとか脱出を試みるが、いつの間にか護送車は市民に取り囲まれ、緑の光線や花火、石を投げつけられ窮地へと追いやられていく。護送車に乗っている人は味方であるにもかかわらず、ヒートアップした戦いに飲み込まれて、身動きができなくなっていく怖さが90分ノンストップで続く作品である。

本作を観ると、『ムーンナイト』は社会問題を過激なアクションで斬り込んでいくタイプの作品だと期待することができる。モハメド・ディアブは今後要注目の監督といえよう。

>>>『護送車の中で』Netflix配信ページはこちら

NEXT|次ページ > 『2:漁村の片隅で』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録