あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<嵐・二宮和也>『ARASHI 5×20 FILM』の魅力



>>>『ARASHI 5×20 FILM』画像を全て見る

初見のときから「熱量高くない?」と感じていた。
2021年11月26日に全国公開された『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』での嵐・二宮和也の話だ。

何年も嵐のコンサートを観てきたが、こんなに熱っぽい二宮和也を観たのは、初めてかもしれない。

何が彼をそうさせたのか、どうしても知りたくて何度も映画館に通った。過去のライブ映像や発言を振り返って、ようやく少しだけ分かった気がする。

ここからは、『ARASHI 5×20 FILM』内での魅力をピックアップし、映画内での二宮和也熱量の理由を紐解いてみたい。

>>>【関連】『真夜中乙女戦争』における永瀬廉「3つ」の魅力

>>>【関連】映画『99.9』松本潤が魅せる、深山大翔のキャラクター像

>>>【関連】「菅田将暉、ヤバい」と思った映画3選

歌、ダンス、魅せ方を知り尽くしたパフォーマンス



『ARASHI 5×20 FILM』での二宮和也の素晴らしさとして、「歌」「ダンス」そしてその「魅せ方」の3つを挙げたい。

本作では、各メンバーのソロ曲はセットリストにないが、1人ずつにスポットライトを当てる曲が用意されている。二宮和也は「果てない空」で、他のメンバーとの掛け合いをするような歌割りでその歌唱力の高さを見せつけた。

2010年に主演したドラマ「フリーター、家を買う。」の主題歌をこんなアレンジで披露するなんて、映像も浮かんできてもう泣くしかないのだが……こんなに感情たっぷりに歌い上げられたらどうしたって聴き入ってしまう。

約3時間半もある長い公演時間中、嵐のメンバーはほとんどの曲を踊り続け、そのダンスにも惹きつけられる。

彼のダンスは、力が抜けていて柔らかいのに緩急がしっかりついている。キメてほしいところはビシッとキメるのだ。「あっその動き、好き」が連続して繰り広げられる。一挙一動が最高の角度でありながら、普段よりもやや熱っぽく踊るのである。好みの問題であることは承知のうえで、二宮和也のダンスの美しさったら……。

歌とダンスも最高だが、映画館でもこれだけの熱が伝わってくるのは、その“魅せ方”が大きい。嵐結成20周年を記念した本ツアーは、感謝の意味合いが強い。それに伴い、多数の楽曲の中から選ばれたセットリストも、感謝の気持ちが込められたメッセージ性の高いものが多く取り入れられている。

象徴するのは、本編の最後で歌われる『5×20』。作詞は嵐、Rap詞は櫻井翔が担当となっている歌詞をメインで書いたのは二宮和也だ。グループ結成からの20年間を振り返りながら、メンバー同士とファンの関係をたくさんの愛を込めて歌う、ツアーで伝えたいことがぎゅっと詰まった一曲になっている。

そんな最高のプレゼント曲でとりわけグッと来てしまうのが、「きっと他にいないだろう だって… そんなやつは他にいないんだ もう」の二宮パートだ。歌っているというより、話している。心からの「他にいないんだ」という言葉、そのときの表情、否定を表現する手の動き。そんなことされたら、どうやったって泣くしかないだろう。

グループへの愛の大きさが、歌のたった1フレーズでこんなにも伝わってくるのは、二宮和也だからこそ成せるワザだ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 二宮和也と演技、そしてカードマジック

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021 J Storm Inc.