あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ドクターホワイト」第8話レビュー:白夜に訪れた悲しい別れ。初めて流した涙の重みとは(※ストーリーネタバレあり)


>>>「ドクターホワイト」の画像を全て見る(全10点)

浜辺美波が主演するドラマ「ドクターホワイト」が2022年1月17日放映スタートした。

樹林伸の小説を原作とする本作は、浜辺演じる豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜が、現役医師の誤診を正していく医療ミステリー。共演は柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋光臣、勝地涼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)ら。

本記事では、第8話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<柄本佑に引き込まれる>包容力から紐解く魅力

「ドクターホワイト」第8話レビュー



さまざまなできごとが交錯した第8話。

ひとつは高森巌院長(石坂浩二)。末期のスキルス胃がんだと分かり、助けるために奮闘する白夜(浜辺美波)。徹夜をしながらもどうにかして助ける方法がないかと模索する。
真壁(小手伸也)になら手術を依頼できるのではないかと、白夜は打診するが、当然拒否される。それでもあきらめない。

そして、その白夜本人のこと。将貴(柄本佑)を中心になって調べたところ、白夜は2000万人にひとりだというRH nullの血液の持ち主だとわかる。外界との関わりが断たれていたこと、次の誕生日まで生きられないという白夜の言葉。それらから将貴たちは、白夜が血液ビジネスに利用されているのでは、もしくは実験に利用されようとしているのでは、と推測する。それなら、勇気(毎熊克哉)がどうにかして白夜を助け出そうとしたことにも合点がゆく。が、勇気が白夜を管理していた団体とどのような関わりがあったのか気になるところ。RH nullの取り扱いが厳しくなっており、その制度が変わったのは全国医療連盟が関わっていると分かっている。白夜の身柄にも何か関わりがあるのか……。

そして、もうひとつは今回、CDTが関わることになった案件。卵巣がんと子宮外妊娠が同時進行しているという患者との出会いだ。卵巣の全摘出が求められるが、患者自身は自分の命よりも、やっと授かった命を助けたいと言う。そのためには、癌を取り除き、胎児を子宮に移植する手術が必要だった。それができるのは真壁だけ……。

それぞれは別々の案件だが、共通するのは「命」。
助けられる命と、助けられない命がある。その判断を常に迫られている医師たちの苦悩。
出世や病院の評判のほうが大切なように見える真壁にも、実は患者の命を最優先に考えている時期があった。産科医としての彼はとても熱心で、多くの論文も発表していた。その論文全てを読んだ白夜は、真壁の内に秘めた強い意思を感じ取る。しかし、真壁にも過去に助けられなかった命があった。
命を救いたい。しかし、救うには命を失うリスクもあるわけで……。

自分に残された時間を悟った巌は、真壁に胎児子宮移植手術をするように頼み込む。そして、自分が亡くなったあとの病院のことも。
真壁に託されたものは、重く、リスクを伴うものだった。それでも、彼を突き動かしたのは結局、多くの人を救いたいという思いなのかもしれない。移植手術は成功させるが、手術の終了を待たずして巌は息を引き取る。

巌という大切な人を失った白夜と将貴たち。
白夜にとっては、今までで一番大きな別れだろう。感情を知らなかった彼女が流した涙は、大きな意味を持つ。
この別れが白夜の運命をどう動かしていくことになるのだろうか。

(文:ふくだりょうこ)


【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説

【関連記事】<柄本佑に引き込まれる>包容力から紐解く魅力


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ドクターホワイト」第8話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録