あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第10話レビュー:「ざわざわがおさまらない」弱々しい凛々子の姿を心配そうに見つめる根津。(※ストーリーネタバレあり)



→「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」画像を見る(4点)

黒木華が主演、溝端淳平、野村周平、野間口徹、石井杏奈などが脇を固める木曜劇場「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」が2022年1月6日より放送スタート。

取材なしの「コタツ記事」を量産するユルいWebメディア「カンフルNEWS」の編集部へ異動となった、元経理部の瀬古凛々子(黒木華)。与えられた使命である「PV数アップ」を実現させるため、手段を選ばない取材方法を遠慮なくやってのける。

その真っ直ぐすぎるやり方に違和感を覚える他の編集部員だが、次第に彼女への好感が芽生えてきて……?

本記事では、第10話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<ゴシップ>全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】映画『ノイズ』出演・黒木華インタビュー

【関連記事】黒木華の魅力を再検証

「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第10話レビュー 

仁和(安藤政信)から2つの案件を調べるよう依頼された凛々子(黒木華)。

「永鳥社」主催の新人文学賞の出来レース疑惑と、IT企業「インターネオ」の社員による詐欺行為を暴くという内容だった。目標だった5000万PVを達成したばかりのカンフルNEWSが、さらなる高みを目指せるチャンス。

そして、仁和の期待に応えたい、凛々子の個人的な気持ちも働いていただろう。

編集部に戻った凛々子は早速、根津(溝端淳平)、椛谷(野間口徹)、下馬(野村周平)、真琴(石井杏奈)、笹目(寛一郎)らにインターネオと、永鳥社のネタを動くように指示をした。

ドラマがはじまった当初は、どんなことにも動じない強い女性像が凛々子にはあった。しかし、ここのところ頼りなく塞ぎがち……。

永鳥社の出来レース疑惑問題で出会った仁和の元妻の美波(鈴木砂羽)から言われた、

「仁和を信じすぎないで。あの人はとても怖い人よ」

という言葉にも、ひっかかっている様子だった。

インターネオと永鳥社の両方のスクープネタをゲットした凛々子たちだったが、掲載するのは永鳥社のネタのみと仁和から業務命令が出た。

その真意を確かめても仁和からはぐらかされる凛々子。結局、インターネオの記事はお蔵入りに。

その直後、カンフルNEWSの親会社、クスノキ出版がインターネオに吸収合併されるとの報道が……。

動揺する編集部たち。自分たちが不正を暴いた会社の傘下に入るのか?

さらには根津から、

「お前は仁和さんのことが好きなんだよ」

とハッキリ言われるも「好き」がわからない凛々子は戸惑う。

次週最終回!

カンフルNEWSは解散?
凛々子、根津、笹目の恋の行方はどうなる?


(文:駒子)


【関連記事】<ゴシップ>全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】映画『ノイズ』出演・黒木華インタビュー

【関連記事】黒木華の魅力を再検証


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」9話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録