あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「元彼の遺言状」第2話レビュー:元彼からのメッセージ「しのだをたのんだ」の意味は?次回からは篠田と共に事件を解決か?(※ストーリーネタバレあり)


© Fuji Television Network, Inc.

「元彼の遺言状」の画像を全部見る

綾瀬はるか、大泉洋主演の月9ドラマ「元彼の遺言状」が2022年4月11日より放送スタート。

金に目がない敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)。ある日、大学時代の元彼・森川栄治(生田斗真)が亡くなったとの知らせが入る。自室で亡くなっていた栄治を発見したという男性・篠田敬太郎(大泉洋)から「僕を犯人に仕立て上げてほしい」と、驚きの依頼が。なんと、栄治は「僕を殺した犯人に全財産を相続させる」と遺言を残していたのだ。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】「元彼の遺言状」第1話レビュー:綾瀬と大泉のギャップにくぎ付け!

【関連記事】<Netflix 浅草キッド>若き北野武が迎えた「人生の転機」


「元彼の遺言状」第2話レビュー

綾瀬はるか主演の「元彼の遺言状」が第2話にして原作本のストーリーを完結したというから驚きだ。

麗子(綾瀬はるか)の元彼である栄治(生田斗真)が謎の死を遂げた。

1話の最後に東京に戻った麗子だったが、栄治からの「しのだをたのんだ」というメッセージに気付くと、篠田(大泉洋)らがいる別荘へとんぼ返り。

犯人はこの中にいる—

森川家の人々を呼びつけ麗子はこう言い放った。

そして、「犯人にはこっそり名乗り出てもらいたい」と無茶な提案をした。しかし、だれも名乗り出ないので自ら探りを入れることに。

「栄治さんも村山先生も僕が殺しました」

と栄治の愛犬、バッカスの主治医である堂上(野間口徹)が白状した。堂上の元妻が栄治と不倫をしており、しかも息子も栄治の子どもだったという。

その事実を知った堂上は、自分から妻と子供を奪った栄治にずっと殺意があったという。

あっさりと2話で元彼の遺言書の謎は解かれ、完結。

筆者は原作を読んでいないので、すぐに読み終わっている友人に確認したところ、やはり原作通りで完結したとのこと。なるほど、斬新な運びではないか。

ということは…3話以降は、原作者である新川帆立の「倒産続きの彼女」、「剣持麗子のワンナイト推理」(共に宝島社)にオリジナルストーリーを混ぜながら展開していくのだろうか。これは3話以降のストーリーに大注目だ。

お金にならない仕事はしない主義の弁護士、剣持麗子。

果たして最終話までいくら稼ぐのだろうか。

そして、篠田と麗子はどんな関係性を築いていくのか。

次週以降も面白くなりそうだ。

(文:駒子)


【関連記事】「元彼の遺言状」第1話レビュー:綾瀬と大泉のギャップにくぎ付け!

【関連記事】<Netflix 浅草キッド>若き北野武が迎えた「人生の転機」


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「元彼の遺言状」2話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© Fuji Television Network, Inc.