あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「明日カノ」第4話、宇垣美里がビジュアルも芝居も完璧に“彩”な件



>>>「明日、私は誰かのカノジョ」の画像を全て見る

累計発行部数300万部突破したをのひなおの人気漫画「明日、私は誰かのカノジョ」(マンガアプリ「サイコミ」で連載中)がMBS/TBSドラマイズムにてドラマ化。2022年4月12日放送スタートした。

悩みを抱えて生きる5人の少女を描いた本作。一週間に一回レンタル彼女としてお金を稼ぐ「雪」や、孤独を抱えて寂しさを男で紛らわす「リナ」、見た目に固執して整形を繰り返す「彩」、周りに流されず、“自分”を持っていると語る「萌」、夜の街で“今”を生きる「ゆあ」らが各章で主人公となり物語が進む。

本記事では、その第4話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。


>>>【関連記事】“明日カノ”吉川愛インタビュー「作品への理解と自分らしさ、どちらも大切にしたい」

>>>【関連記事】「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。」第10話までのネタバレ感想

>>>【関連記事】<私の正しいお兄ちゃん>最終回までの全話の解説

「明日、私は誰かのカノジョ」第4話レビュー

期待に、期待されまくっていたドラマ「明日カノ」の宇垣美里が演じる美容整形依存の美女・彩。結論、実写化は大成功だったと思わせる完璧なキャスティングに拍手を送りたい。

彩は比較的、好き嫌いが分かれる主人公かもしれない。見た目に異常なほど固執する彼女は、「人間は内面が大事」「どんな人も美しい」といった価値観とは真逆を行くからだ。

正直、街ゆく女性たちや、彼氏の光晴(福山翔大)から紹介された善良な友達カップルに心の中で悪態をつくのはどうなの?とムカムカしてしまうところもある。そんな彩の憎たらしさを宇垣美里は全力で表現していた。可愛さと美しさが同居したビジュアルも流石の一言で、こんな人に実は自分の容姿を笑われていたらと想像しただけで身体が強張る。

だけど、彩を憎めないのは彼女自身が自分の価値観に一番苦しめられているからだ。

特に今回お見事だったのは、光晴との喧嘩でトラウマが再燃する場面。光晴に友達カップルの彼女・ハルカと自分を比べられた彩は、思わず怒りに任せて「あんなブス」という言葉を発してしまう。そして「彩は見た目に執着しすぎだよ。ハルカちゃんがお前に何かしたわけ?」という光晴の指摘で、彩は二つのことに気づいてしまうのだ。

一つは、「ブス」という言葉をかけられ続け、見た目に執着するようになった自分の気持ちを、見た目で苦労したことのない人(=光晴)には一生理解してもらえないこと。もう一つは、自分がずっと苦しめられてきた「ブス」という言葉を今度は自分がだれかに向けてしまっていることだ。

自分は美しくないから何もかも上手くいかなかった。自分を苦しめた人たちを見返したい。だから、血の滲むような努力をして美しくなった。結論、努力しないで「ブス」に甘んじている人が許せない。でも、そんな私はかつて自分を苦しめた人たちと同じなんじゃないか……。

そんな自問自答の堂々巡りに正解は出ず、ただ涙が垂れてくる宇垣美里の芝居が素晴らしかった。

だけど、レンタル彼女の客である桧山(岡部たかし)に対しては悪女ぶりをこれでもかというほど発揮する彩。一度痛い目にあったほうが……と思うのと同時に、彼女が何か追い立てられているものから解放されてほしいとも願ってしまう、そんな好きとも嫌いとも言えない絶妙なキャラクターを宇垣美里は見事に再現していた。

また、彩と同じレンタル彼女で働く雪(吉川愛)をつなぐ翼(ゆうたろう)も今回初登場!ゆうたろう本人は可愛すぎる“ジェンダーレス男子”として幅広い活躍を見せているが、第4話ではまだメイクに興味を持ったばかりの翼の垢抜けなさをうまく表現していた。

彩、桧山、翼……とにかくどのキャストもビジュアル、芝居に至るまで原作の再現度が高く、新キャラが登場するたびにワクワクが止まらない。

(文:苫とり子)


>>>【関連記事】“明日カノ”吉川愛インタビュー「作品への理解と自分らしさ、どちらも大切にしたい」

>>>【関連記事】「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。」第10話までのネタバレ感想

>>>【関連記事】<私の正しいお兄ちゃん>最終回までの全話の解説

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「明日、私は誰かのカノジョ」第4話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS