あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<妻、小学生になる。>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】


>>>「妻、小学生になる。」の画像をすべて見る

堤真一が主演するTBSの金曜ドラマ「妻、小学生になる。」が、2022年1月21日放送スタートした。

累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える村田椰融(むらた・やゆう)の同名漫画を原作とする本作は、最愛の妻を亡くした男性が小学生に生まれ変わった妻と再会し、戸惑いながらも生きることに向き合っていくストーリー。主人公・新島圭介役はTBSドラマに16年ぶりの出演となる堤真一。他、圭介の妻・貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の娘・麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりである10歳の少女・白石万理華を毎田暖乃が演じる。

cinemas PLUSでは毎話公式ライターが感想を記しているが、本記事ではそれらの記事を集約。1記事で全話の感想を読むことができる。

もくじ

・第1話ストーリー&レビュー

・第2話ストーリー&レビュー

・第3話ストーリー&レビュー

・第4話ストーリー&レビュー

・第5話ストーリー&レビュー

・第6話ストーリー&レビュー

・第7話ストーリー&レビュー

・第8話ストーリー&レビュー

・第9話ストーリー&レビュー

・第10話ストーリー&レビュー

・「妻、小学生になる。」作品情報

第1話ストーリー&レビュー

第1話のストーリー


>>>「妻、小学生になる。」の画像をすべて見る

新島圭介(堤真一)は、10年前に最愛の妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である一人娘の麻衣(蒔田彩珠)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。

二人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。

そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子(毎田暖乃)がこの親子を訪れる。

「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
―まだ信じられないが、妻のようだ。
突然の別れから10年。
妻はこの世に生まれ変わっていた。
止まったままの家族の時間が、再び動き出す―

しかし・・・愛する妻はいま、小学生の姿! 同居することもできず門限は夕方6時!! 一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末・・・。

突然の別れから10年。元愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる!

第1話のレビュー



10年前に亡くなった妻が、母が、ある日突然、小学生の姿になって戻ってきたら……。

そんな信じられないようなことが起こる「妻、小学生になる。」。
妻の貴恵を心から愛していた新島圭介。事故で貴恵が亡くなってから、生きる気力を失ってしまっていた。娘の麻衣も母が亡くなってから似たような状況だった。
そんなある日、小学生の女の子が家を訪ねてくる。

白石万理華、10歳小学4年生。10歳の誕生日目前に、自分が「新島貴恵」だと思い出す。娘と、夫がどうしているか気になるのは当然のこと。新島家を訪れると、時が止まったままの自宅に驚きを隠せない。
もちろん、万理華が貴恵であることなんて圭介も麻衣も信じない。反発もする。しかし、貴恵しか知らないことを知っている万理華。疑心暗鬼だった圭介たちだったがやがて「万理華=貴恵」だと確信を持ち……というのが1話である。

貴恵が生きていたころ、10年前の圭介と、今の圭介の差。
貴恵に向かって「僕の人生の主人公は君だ!」と言い切っていた圭介は、未だに貴恵が死んだことを受け入れられていなかった。前に進むこともできなかった。どうにか生きて、働き、麻衣を育てているだけ。自分が死んだほうがよかった、と思ったこともあっただろう。今も変わらず、好きで好きでたまらない。
そんな妻が、小学生という姿だけど、帰ってきたら……圭介の喜びようと言ったら想像に難くない。完全に舞い上がっている。なにせ、「君が18歳になったら結婚しよう!」と10歳の万理華に言うぐらいなのだから。

難しいのは、万理華が圭介たちのそばにずっといることが正解なのか? というところはある。万理華の体に貴恵の霊が乗り移った、というのなら、万理華の人生もあるのだから、貴恵の想いだけではどうにもならない。しかし、生まれ変わりとなると、貴恵は万理華で、万理華は貴恵であり……。ずっと一緒にいても問題なさそうだが、まあ、世間の目もある。万理華と圭介が抱き合うシーンでは、周りの小学生が一斉に防犯ブザーを鳴らす。そう、圭介が危険な人物に見えるのだ。

今後、圭介と万理華のことももちろんだが、麻衣の就職活動など、問題は多くありそうだ。でも、第1話はただただ、圭介と貴恵が自転車を2人乗りしているシーンが切なくて暖かくて、涙が止まらなくなった。最愛の夫と娘を置いていくことになった貴恵の心を想っても辛くなる。

それにしても、万理華役の毎田暖乃さんがすごい。貴恵というか、石田ゆり子さんにしか見えない。ドラマだと分かっているのに、万理華に貴恵が重なって、目を瞬かせてしまう……。


※この記事は「妻、小学生になる。」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録