あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<クロステイル~探偵教室~>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】



>>>「クロステイル~探偵教室~」の画像をすべて見る

鈴鹿央士主演のドラマ「クロステイル 〜探偵教室〜」が、2022年4月9日放映スタートした。

「半沢直樹」「おちょやん」などで知られる八津弘幸のオリジナル脚本で贈る本作は、突然失踪した父親を捜すため探偵学校に入学した主人公の成長を描く物語。主役の飛田匡を初の連ドラ単独主演となる鈴鹿央士、匡のクラスメートで他人の秘密が大好物な少女・芹沢朋香を堀田真由が演じる。


cinemas PLUSでは毎話公式ライターが感想を記しているが、本記事ではそれらの記事を集約。1記事で全話の感想を読むことができる。

もくじ

・第1話ストーリー&レビュー

・第2話ストーリー&レビュー

・第3話ストーリー&レビュー

・第4話ストーリー&レビュー

・第5話ストーリー&レビュー

・第6話ストーリー&レビュー

・第7話ストーリー&レビュー

・第8話ストーリー&レビュー

・「クロステイル~探偵教室~」作品情報

第1話ストーリー&レビュー

第1話のストーリー



>>>「クロステイル~探偵教室~」の画像をすべて見る

「大学卒業おめでとう。父さんも、お前から卒業します」

就職先がないまま迎えた卒業式の日、帰宅した飛田匡(鈴鹿央士)に残されていた父・迅 平(板尾創路)からの手紙。かつては売れっ子の推理小説家だった自由奔放な父が、突然失踪した。世間知らずで夢見がちな母・千穂子(山口香緖里)と、莫大な借金を残して…。

事件性ゼロの失踪に警察では取り合ってもらえず、父の著書から出てきた名刺を頼りにジョーカー探偵社に足を運んだ匡。そこで目にした探偵学校の生徒募集ポスターで、調査費用より学費の方が安上がりと知る。

「なれるわよ…あなたが本気でなりたいと思えばね」校長・新偕理子(檀れい)の言葉に、匡はジョーカー探偵学校への入学を決意する。

探偵学校で出会ったのは、他人の秘密が大好きな芹沢朋香(堀田真由)、現役ホストの藤巻敦也(草川拓弥)、何かと男に厳しい堀之内純子(篠田麻里子)、スポーツマンの野木明生(福山翔大)、元IT企業社員の都賀真一(遊佐亮介)、年配の丸川喜三郎(伊藤正之)など年齢も経歴も入学動機も様々なクラスメートたち。授業初日、鬼講師・南武辰彦(髙田延彦)から「素質なしと判断した場合は、その時点で即刻辞めてもらう」とはっぱをかけられ、匡たちは街で尾行の実習へ。だが、匡は道で苦しむお年寄りを助けているうちに対象者を見失ってしまう。叱咤され、早くも挫折しかかる匡の前に、またも理子が現れ…。

次々登場する個性的な講師。徐々に明らかになっていくクラスメートの背景、そして父や理子にまつわる過去の因縁。果たして匡は一人前の探偵になれるのか?そして神出鬼没の父を捉まえることは出来るのか?そもそも父の失踪の理由は何なのか?

盗聴盗撮、張り込み、聞き込みなどリアルな探偵描写と、人の心の謎を通じて成長する探偵の卵たちを描いたスリルと笑いのヒューマンドラマ、ここに開幕!!

第1話のレビュー

「半沢直樹」で知られる八津弘幸のオリジナル脚本によるドラマ「クロステイル~探偵教室~」がついにスタート。

主人公は小説家の息子・匡(鈴鹿央士)。就職が決まらないまま大学を卒業するも、突然、父親・迅平(板尾創路)が借金を残して失踪してしまう。

父の行方を追うため「ジョーカー探偵社」に相談に来た匡。しかし、高額な捜査費に愕然。そこで「探偵学校」のポスターを目にして、自身が探偵になって父を探そうと決意する。


だがしかし、探偵への道は決して甘くない……どころか恐ろしくガチだった。

「ジョーカー探偵学校」に入学した匡。クラスメイトとなったのはかわいらしい朋香(堀田真由)や現役ホストの藤巻(草川拓弥)、クールな雰囲気の美女・純子(篠田麻里子)、年配の男性・丸川(伊藤正之)ら老若男女の生徒たちだ。

生徒たちを指導するのは教官の南武(高田延彦)。現役の探偵でもある彼は、仕事の厳しさを生徒たちに容赦なく突きつけていく。

張り込みと尾行の実習が始まり、南武を尾行する生徒たち。その道のプロである南武を追うのは大変で、素人の生徒たちはあちこちでボロが出る。匡も具合が悪そうな老婆が気になって朋香とともに助けを差し伸べ、南武から目を離してしまう。


通常ならば、匡の親切ぶりは褒められていいこと。しかし、探偵としては身バレに繋がる行為で、南武は彼を厳しく責める。しかも、助けた老婆はジョーカー社の探偵。学校側が仕掛けたトラップだった。

おかげで自信を失いかける匡。しかし、ジョーカー探偵社の代表・新偕理子(檀れい)の「探偵は依頼者の悩みを解決する。それが使命」という言葉を噛みしめる。そして、夜更けに眠れないまま探偵教本を読み漁り、「そういうことか……」と開眼していく。

匡は次の実習で名誉挽回。バスに乗る南武を追いかける最中、今度は具合が悪そうな妊婦が気になってしまうが、悩んだ末に彼は実習仲間たちに「30秒だけ目を切るから時間を稼いで」と依頼。そして、近くで生徒たちを見張っていた「ジョーカー探偵社」の別の探偵に妊婦のことを伝えた。

別の探偵が尾行しているのをちゃんとチェックしていた匡。一連の判断と行動のおかげで身バレせず妊婦を救い、尾行を続行できた(結局、件の妊婦も新偕の変装した姿だった)。

探偵仕事の厳しさを卵たちの実習を通して描いてみせたこの第1話。尾行一つとっても神経を張り巡らせ相当な耐久力が求められるのだな…と痛感させられた。とはいえ、匡が若者らしい柔軟な賢さで課題を乗り越えていく姿は極めて爽快。一見気弱そうな中に聡明さを兼ね備えた彼がこれから探偵修業とどう向き合っていくのか……とワクワクする。

なお、本作は流れる音楽が最高にゴキゲンだ。音楽を担当するのは、「カルテット」「コンフィデンスマンJP」などの劇伴で知られるfox capture planのカワイヒデヒロと新世代インストバンドとして注目を集めているPOLYPLUS。サックスがジャジーに響くスタイリッシュな劇伴が聴いていて非常に心地いい。さらに主題歌「流星群」を歌うのはキャッチ―かつおしゃれなサウンドで知られるPenthouse。こちらもフレッシュでメロディアスな楽曲がとても心に響いた。
 
タイトルの「クロステイル」は「接近して尾行する」という意味。極上の音楽で彩る探偵の卵たちの物語を、これからしばらく毎週接近して見守っていきたい。

※この記事は「クロステイル~探偵教室~」の各話を1つにまとめたものです。

→元記事はこちら

→目次へ戻る


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 第2話ストーリー&レビュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録