あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「俺かわ」第8話:和泉(芳根京子)の意味深な表情のワケは?


Copyright© tv asahi All rights reserved.

「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」の画像を見る

山田涼介主演のオシドラサタデー「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」が2022年4月16日より放送スタートする。

山田涼介演じる”あざかわ男子”丸谷康介と、芳根京子演じる”ロボット女”真田和泉の、不器用な大人同士の胸キュンラブコメディ。あざとかわいさで何でも乗り切ってきた男子の”消費期限”が近づきつつあるなか、恋愛経験ゼロのロボット女と出会うことで、変化が起きていく……?

本記事では、第8話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<俺かわ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】「俺かわ」第2話レビュー

【関連記事】「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第1話レビュー

【関連記事】<芳根京子の中毒的な魅力>を検証する

「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第8話レビュー

晴れて恋人同士になった丸谷(山田涼介)と和泉(芳根京子)。このまま順調に愛を育んでいくかと思いきや……丸谷にとって、須藤(津田健次郎)に代わる新たな”恋のライバル”が出現した。それが、弥生ビール営業部にやってきた人事コンサルタントの大和(森崎ウィン)である。

容姿端麗で仕草もスマートな大和が和泉と話すのを見て、旧知の仲だと早合点する丸谷。「和泉」「大和」と名前で呼び合っている様子は、元恋人同士と勘違いしてしまってもおかしくない。

しかし、視聴者の方はお気づきだろう。大和と和泉は双子の兄妹だったのだ。親同士が離婚した関係で、苗字が違うだけだった。

人事コンサルの一環で、個別のヒヤリングを受けた場でその事実がわかった丸谷は、ホッと胸を撫で下ろす。しかし、和泉の表情は芳しくない

よくよく見てみると、和泉が大和との再会に喜んでいる様子は、一切見られなかった。常に表情を曇らせ、必要なこと以外は話さないようにしているかのようだ。

二人が元恋人同士ではなく兄妹だった事実に、丸谷は安心しているようだが……。もっと注意深く和泉のことを気にかけてあげないと、また「康介は自分のことにしか興味がない」と言われて振られちゃうぞ! と、見ているこちら側は心配してしまう。

案の定、和泉のことを気にかけた丸谷に対し、彼女は「これは私たちの問題ですから」と線を引いてしまった。

和泉にとっての元上司だった須藤も言っていたが、どうやら和泉は周りから「研究職に未練がある」と思われている節がある。しかし、彼女自身はどうやら「自分の居場所が欲しかった」だけで、どうしても研究職を続けていきたいわけではなさそうだ。

和泉の本当の気持ちを、丸谷が早めに汲み取ってあげられればいいのだけど……。

そんなこんなしている間に、和泉に”最大の秘密”がバレてしまった。突如現れた謎の男=未来の丸谷康介(古田新太)の存在について。丸谷は彼のことを、急場凌ぎで「自分の父親」と偽っていたのだが……和泉に嘘をついていたことが知れてしまったのだ。

「どうして私だけ本当のことを話さなければいけないのか」

「私が会っていたのは、いったい誰だったのか」

和泉の言うことはもっともすぎる。かといって、丸谷の立場から「実は彼は、自分の未来の姿で……」なんて説明できるわけもないだろう。お互いに秘密を抱えていることがわかり、せっかく結ばれた関係にヒビが入りかける。

そして、ついに……丸谷の「可愛い」にも消費期限が訪れてしまったようだ。タイムリミットを目前に控えた丸谷は、この後どう行動を起こすのか?

次回の最終回は1時間拡大スペシャル。どうにか二人に幸せが訪れてくれることを、願うばかりである。


(文:北村有)

【関連記事】<俺かわ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】「俺かわ」第2話レビュー

【関連記事】「俺のかわいいはもうすぐ消費期限!?」第1話レビュー

【関連記事】<芳根京子の中毒的な魅力>を検証する


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」8話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録