あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「探偵が早すぎる」第10話:秋菜お祖母様がまさかの豹変!?すべてを持っていった宮崎美子の怪演


Copyright (C) YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved

「探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り」の画像を見る

広瀬アリス、滝藤賢一主演の日テレ系ドラマ「探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り」が2022年4月14日より放送スタート。

事件が起こる前に「犯人が仕掛けたトリック」を暴いてしまう、史上最速の早すぎる探偵が再登場!大人気コメディミステリーの2期では、どんな痛快な展開が待っているのか?

本記事では、第10話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「探偵が早すぎる」をHuluで無料視聴する

【関連記事】<探偵が早すぎる>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】探偵が早すぎる2話レビュー

【関連記事】探偵が早すぎる1話レビュー

「探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り」第10話レビュー

一華(広瀬アリス)と宗介(萩原利久)の突然の結婚! プロポーズも急だったが、結婚式も急だった。少しずつお互いの気持ちに気づき、距離を縮めてきたふたり。一華の命が狙われることもなくなるわけだし、これでようやく幸せで平穏な生活が戻ってくる……。

と思いきや。

やっぱりと言うべきか、一華の命を狙う残党はまだ残っているようだ。宗介のバーを手伝った夜の帰り道、ビルの屋上から鉄パイプが落ちてきて、一華はまたもや危ない目に。橋田(水野美紀)のおかげで一命は取り留めたが……千曲川(滝藤賢一)も契約を終え海外に行ってしまった今、一華は絶体絶命だ。

なんとこのとき、屋上から鉄パイプを落としたのは、宗介なのだ。

前回の終盤、病床に伏せる元婚約者・奈々(堀未央奈)に対し「後は俺に任せろ」と言っていた宗介の姿が思い浮かぶ。やはり、彼が黒幕? 一華と結婚までした理由は、彼女の命=資産を狙ってのことなのだろうか?

しかし、事態はさらに驚愕の展開をたどっていく。

一華と宗介の披露宴パーティが、美津山家の別荘で行われることになった。その現場で事件が発生。会場では腕の良いバリスタによる美味しいコーヒーが振る舞われていた。それを利用し、コーヒー豆抽出時の一酸化炭素中毒を狙って、何者かが一華(&橋田)の命を狙ったのだ。

目論見は成功。彼女らだけではなく、他の客たちも大勢が巻き込まれ、倒れてしまった。しかし、事件を未然に防ぐ”早すぎる探偵”千曲川が、今回だって事前に最悪の事態を防いでいる!

会場中に充満していたのは一酸化炭素……ではなく笑気ガスだった。海外に行っていたフリをしていた千曲川は、宗介と手を組み、一華の命を狙う黒幕をあぶり出すためにさまざまな”罠”を仕掛けていたのである。

宗介が屋上から鉄パイプを落としたのも、わざと会場中に一酸化炭素を充満させる演技をしたのも、一華のためを思ってのこと。実際に、その罠に引っ掛かり、黒幕はようやく姿を現した。

一華の母親に命を助けてもらったと嘘をつき、一華に手を差し伸べるフリをして裏では次々と刺客を送り込んでいた。宗介と結婚させる流れをつくり、入籍させた後で一華を殺害すれば、彼女の資産5兆円がすべて手に入ることになる。

そう、すべての黒幕は、秋菜(宮崎美子)だったのだ。

ことの発端は、インサイダー取引に手を染めてしまったことが、長男の宗太(和田聰宏)にバレてしまったことだった。

正義感の強い彼は、実の両親が不正を働いていたことに心を痛めつつも、筋を通すため世間に公表すべきだと主張。それを止めようとした秋菜が、誤って彼を殺してしまったのだ

孫たちに「海外企業から賄賂を受けていたことがバレ、失踪した」と嘘をついたところから、秋菜の人生は狂っていった。宗介が「お祖母様の笑顔は変わってしまった」と言っていたが、その当時から、お金を手に入れることしか考えられなくなってしまったのだろう。

開き直り、自らの罪を告白する秋菜の豹変ぶりがすごい。最終回にして、宮崎美子の怪演がすべてを持っていってしまったと言ってもいいかもしれない。

真の黒幕を炙り出したことで、ようやく一華は自由の身になった。切ないのは、宗介のプロポーズはあくまでも「黒幕を炙り出すためのフェイク」だったこと……。気持ちは本物だ、と言ってはくれたものの、一華は結婚生活ゼロでバツイチになったしまった。良いのやら、悪いのやら……。

今回で「探偵が早すぎる」シーズン2は最終回を迎える。

しかし、さらなる続編を期待してしまう終わり方でもあった。

一華が命を狙われない以上、千曲川が姿を表すこともなくなってしまうがーー探偵が早すぎるシーズン3を大いに期待することにしよう。


(文:北村有)

【関連記事】<探偵が早すぎる>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ

【関連記事】探偵が早すぎる2話レビュー

【関連記事】探偵が早すぎる1話レビュー


NEXT|次ページ > 「探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り」10話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright (C) YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved