国内ドラマ

REGULAR

2023年01月23日

「罠の戦争」2話:追い詰められた虻川(田口浩正)、最終的には自滅?早くも真犯人に迫る

「罠の戦争」2話:追い詰められた虻川(田口浩正)、最終的には自滅?早くも真犯人に迫る


草彅剛主演の“月10”ドラマ「罠の戦争」が2023年1月16日放送スタート。本作は、草彅剛演じる議員秘書の鷲津亨が、愛する息子を傷つけられた復讐に燃えるリベンジエンターテイメント。共演は井川遥、杉野遥亮ら。

本記事では、2話をCINEMAS+のドラマライターが紐解いていく。

▶︎「罠の戦争」画像を全て見る


「罠の戦争」2話レビュー

息子・泰生(白鳥晴都)を突き落とし、意識不明にさせた真犯人を探し出すべく、行動を開始した鷲津(草彅剛)。そのためには、犬飼大臣(本田博太郎)の失脚が余儀なくされる。鷲津が最初に定めたターゲットは、犬飼事務所の政策秘書を務める虻川(田口浩正)だ。

彼が、セクハラ・パワハラ当たり前&言動に難ありまくりの問題児であることは、1話の時点で周知のとおり。多くの視聴者がが「なぜクビにならず事務所に留まっているのか?」と思っているに違いないが、虻川が持つ最終兵器のために、大臣はなかなか彼を切れない。

それは、裏帳簿である。

犬飼でさえ把握していない金銭の流れを、アナログで記録した茶表紙の手帳。それがあるかぎり、虻川自身も「そう簡単に俺のクビは切れない」とたかを括っているのだ。これまで彼がやりたい放題だった理由は、これだったのかもしれない。

「大臣を潰すために、まずは虻川を排除する」

暗い目でそう宣言する鷲津を見て、蛯沢(杉野遥亮)は鼓舞されつつも、少し恐怖を抱いたようだ。

しかし、蛯沢も犬飼に対して強い恨みを持つ側である。彼には兄がいた。潰れかけた会社をなんとかしてもらおうと、犬飼に対し陳情したにも関わらず、「善処します」の一言で流されてしまった兄が。最終的に、兄は過労の末、亡くなってしまう。こっそり会食に紛れ込み、生卵をぶつけるくらいでは晴れない恨みのはず。

蛍原(小野花梨)も、強い味方だ。2話では活躍シーンが控えめだが、大臣に対し激昂しそうになる蛯沢をスマートになだめたり、虻川に対し「救いようがないよなあ、自覚のないクズって」と煽ったりしてみせる。彼女の立ち振る舞いは、油断するとドロドロしすぎてしまう復讐劇を、良い塩梅に中和して見せている。

鷲津は、虻川を陥れるため、あらゆる罠を仕掛ける。会見用の原稿をすり替える、「虻川が、犬飼大臣失脚のネタを週刊誌に売ろうとしている」と噂を流す、挙げ句の果てには暴行事件をきっかけに警察に連行までさせた。なかなか容赦がない。

すべては、泰生を歩道橋から突き落とした真犯人を、虻川の口から明らかにさせるためだった。しかし、鷲津が与えた「最後のチャンス」に対し、虻川は「知ってても言わねえ」の一辺倒。

最終的には、最後の切り札・裏帳簿が見つかってしまい、大臣の手によってクビにされてしまった。鷲津の計画が、すべて上手い具合に運んだのである。

しかし、裏帳簿を見つけたのも、暴行事件を起こすために友人を生贄にしたのも、蛯沢だ。鷲津と蛯沢、このタッグはなかなかに悪どい。

晴れて虻川を破滅させられたのは良いものの、真犯人が誰かはわからずじまいだ。

しかし、視聴者にはヒントが与えられた。事件当日、泰生はバスのなかで、とある男性から目をつけられた可能性が浮上。満員のなかに立つ高齢女性を気遣い、優先席に座る男性に「席を譲ってあげたらどうか」と提案したのが火種だった。

バスを降りる泰生、そのあとを追う男性。両者を目撃した証言も出てきたことから、泰生が恨みを買ってしまった線は濃厚である。この男性=犬飼大臣の息子・犬飼俊介(玉城裕規)だと仮定すると、今回の一件に綺麗な筋が通る。

手強かった虻川はいなくなった。次なる障害は、いったい誰か?

どうか、強い立場にいる者が権力を振りかざして終わるのではなく、弱い立場にいる者が気持ちよく勝つ姿を見せてほしい。

(文:北村有)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)カンテレ

RANKING

SPONSORD

PICK UP!