国内ドラマ

REGULAR

2022年11月22日

「エルピス」第5話:「じゃあなんでソファ買ったの?」とは言わなかった斎藤(鈴木亮平)

「エルピス」第5話:「じゃあなんでソファ買ったの?」とは言わなかった斎藤(鈴木亮平)


長澤まさみ主演の“月10”ドラマ「エルピス—希望、あるいは災い—」が2022年10月24日放送スタート。

本作は長澤演じるスキャンダルで落ち目となったアナウンサーと若手ディレクターらが連続殺人事件の冤罪疑惑を追いながら、“自分の価値”を取り戻していく社会派エンターテイメント。共演は鈴木亮平、眞栄田郷敦ら。

本記事では、第5話をCINEMAS+のドラマライターが紐解いていく。

▶︎「エルピス—希望、あるいは災い—」画像を全て見る


「エルピス—希望、あるいは災い—」第5話レビュー

一発逆転、決定的で最強の真実を掴んだ岸本(眞栄田郷敦)。

予告では完全に闇落ちしていた彼。どうなることかと思ったが「がむしゃらに動いていたほうが、楽だから」といった理由で文字通り動きまくっていたら、状況を覆すネタを手にした。

松本(片岡正次郎)逮捕の決め手となった、八頭尾山での目撃証言。唯一「松本を見た」と証言した西澤正と、「若くて髪の長い男を見た」と証言したその他の人。この食い違いを、岸本は掘っていった。

独自取材の末、西澤の元妻とコンタクトを取ることに成功

井川晴美(葉山さら)が亡くなった日、西澤は酒に酔って寝ていた。激しいDVに悩まされていた元妻は、さんざん暴れて寝てしまった元夫の姿をよく覚えているという。八頭尾山で松本の姿を見られたはずがない、あれは嘘だった、とカメラの前でハッキリと口にした。

加えて、あの日は「獅子座流星群の日だった」という回想も、晴美の姉・純夏(木竜麻生)の話と一致する。

西澤が嘘をついた理由は、金に目が眩んだため。松本の誤認逮捕を揉み消すべく、国家権力が動いた可能性が浮上する。

再審拒否された松本、責任を感じ自死を図ったチェリー(三浦透子)、上からの圧力によって本件から離脱した恵那(長澤まさみ)。岸本が掴んだ最強の一発逆転ネタは、状況をガラリと一変させる力を秘めている。

ここでキーパーソンとなるのは、謎の男(永山瑛太)と斎藤(鈴木亮平)か。

謎の男は、一度だけ恵那と会話して以来、姿を潜めている。どうやら、あの店も畳んでしまったようだ。仮に彼が真犯人だとしたら、どうやってそれを暴くかがキーとなるだろう。

そして、斎藤である。

一発逆転ネタを有した岸本に対し「先に俺に相談してほしい」と先手を打った斎藤。彼は副総理の大門と懇意にしている。親切な顔をしながら、権力で真実を握り潰そうと動く可能性は、大いにある。

恵那と斎藤は復縁し、どうやらプロポーズまで済ませたようだ。いつ「じゃあなんでソファ買ったの?」と言い出してもおかしくない状況にある。

権力をとるか、恵那をとるか……。斎藤もまた、究極の二択を迫られる日がくるのかもしれない。

一発逆転ネタを「フライデーボンボン」で流す機会は失われた岸本。

だが、恵那から「君は、本当にすごいことをしたね」と純度100%の賛辞を受けたことで、食欲と睡眠欲が戻ってきた。彼の中に長いこと燻っていた、同級生を助けられなかった後悔が、少しずつ癒えはじめていることを祈りたい。

(文:北村有)

「エルピス」インタビュー「CINEMAS+ MAGAZINE」にて掲載中!


「エルピス—希望、あるいは災い—」岸本拓朗役の眞栄田郷敦、脚本・渡辺あやらのインタビュー掲載の「CINEMAS+ MAGAZINE no.01」、現在絶賛発売中です。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)カンテレ

RANKING

SPONSORD

PICK UP!