続・朝ドライフ

SPECIAL

2023年06月02日

「らんまん」なにげなく重い「本当の父親」発言<第45回>

「らんまん」なにげなく重い「本当の父親」発言<第45回>


「木俣冬の続・朝ドライフ」連載一覧はこちら

2023年4月3日より放送スタートしたNHK連続テレビ小説「らんまん」。

「日本の植物学の父」と呼ばれる高知県出身の植物学者・牧野富太郎の人生をモデルにオリジナルストーリーで描く本作。激動の時代の中、植物を愛して夢に突き進む主人公・槙野万太郎を神木隆之介、その妻・寿恵子を浜辺美波が演じる。

ライター・木俣冬が送る「続・朝ドライフ」。今回は、第45回を紐解いていく。

▶︎「らんまん」画像を全て見る

「らんまん」をU-NEXTで視聴する

勝つために全力で走る

第44回のおわりにむしろに仰向けになっていた万太郎(神木隆之介)
ヒルムシロにヤブジラミを乗せてぼんやりしています。

いつになく暗い万太郎を心配して、りん(安藤玉恵)えい(成海璃子)ゆう(山谷花純)が彼を囲みます。

万太郎は恋よりももっと深いものを経験していました。
寿恵子(浜辺美波)高藤(伊礼彼方)に抱えられて「イチャコラ」している姿が消えない。いや、イチャコラはしてなかったですが、万太郎はそんなふうに誤解したようです。

それは「恋」かと思いきや、恋は植物に対してたくさんしているからこういうものではない。「恋は明るうて浮き立つもんじゃき」。
「これはそういうきれいなもんじゃない」、何か黒いものが沸いてきて、気持ち悪いという万太郎に、ゆうとえいが自身のきれいなだけではない話をします。

「どんなに柱に縛り付けられても心が言うことを聞かないものよ」と語るゆう。柱に縛りつけられたというのは例えでしょうか、実話でしょうか。

ゆうは地元でのつらい恋の話をします。傷心で東京に出てきて結婚したら、夫に心変わりされて離縁。子供は取り上げられ——と、因果応報というなか、「本当の父親」というさりげないワードにビビります。地元で一度きりの出来事で子供を宿したまま、ほかの人と結婚したのかと思うと、おゆうもなかなかしたたかであります。

その話に触発されたのか、えいも倉木(大東駿介)との馴れ初めを語り始めます。彰義隊の一員であった彼を戦のおり、助けたことがきっかけ。
「このまま怪我がひどければいいなと思ってました」「死んだら困りますけどね」と願ってしまったことを告白するときの成海璃子さんの声が低いので、感情の黒さが際立ちます。

「誰かを好きになってきれいなままでいようなんてちゃんちゃらおかしいんだよ」
(ゆう)

何かに夢中になると、ちょっと悪いことも考えてしまうものなのです。
そうまでしても、手に入れたいものもあるんですねえ。

ゆうとえいの話に励まされて、高藤に「勝ちます!」と万太郎が颯爽と出かけていった先は——白梅堂。

神木さんの「勝ちます!」の言い方が颯爽としていて良かったです。

白梅堂には残念ながら寿恵子はいませんでした。
万太郎はまた菓子を全部買い、店番していたまつ(牧瀬里穂)にバラの絵を預けます。

まつ「絵師でいらっしゃる?」
万太郎「いえ、植物学者です」

「わしはわしにできる一番の速さでお嬢さんを迎えにいきたい。ほんじゃきここへはしばらく参りません」
(万太郎)

植物学の仕事を先にやり遂げてから、寿恵子を迎えに来る。間に合わなかったら潔く諦めるという考え方は潔い。

清らかな恋ではなく、どす黒いものも含んだ欲望のままに突き進むのではなく、まず、植物学者としての道を邁進することで、そのどす黒さが打ち消されることでしょう。

遠回りのようでそれが近道ということもあるのです。
二兎を追ってはいけません。(兎が出てくるのはそのせい?)

(文:木俣冬)

“朝ドラあるある”満載!「朝ドラ辞典」を見る


木俣冬著「ネットと朝ドラ」、現在好評発売中

「らんまん」をU-NEXTで視聴する

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)NHK

RANKING

SPONSORD

PICK UP!