求め合う女たち…危険で美しき官能の世界『アンダー・ハー・マウス』予告解禁

性別を超えた美しさでジェンダーの境界線を揺るがし、ユニセックスなモデルとしても活躍するトップモデルのエリカ・リンダーが、演技初挑戦で主演をつとめる官能ラブ・ストーリー映画『アンダー・ハー・マウス』(R18+)の予告映像が解禁となった。

大胆に、刺激的に、そして官能的に…

アンダー・ハー・マウス メイン

心身ともにたくましいダラス(エリカ・リンダー)は、昼間は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性と関係を持っては、自分の居場所を探していた。そんなある週末の夜。ネオン輝くバーの片隅で、ダラスは、ファッション誌の編集者として成功するキャリアウーマンのジャスミン(ナタリー・クリル)と永遠の出会いを果たす。情熱的に絡み合うふたりにとって、お互いの愛を確かめ合うのに、時間はかからなかった。しかし、ふたりの蜜月を遮る壁―ジャスミンには結婚を約束した彼氏がいるという、大きな障害があった――

アンダー・ハー・マウス ポスター

映画『アンダー・ハー・マウス』は、本能のままに愛を求め、戸惑い、傷つきながらも、自分に正直に生きようとする女性たちを繊細に、かつ官能的に描く作品。

アンダー・ハー・マウス サブ2

大工として働き、性に奔放に生きるダラス役を演じるのは、レオナルド・ディカプリオ似として注目を集め、中性的な魅力の“ネオイケメン”モデルとして話題となっているエリカ・リンダー。本作で女優に初挑戦する。そして、ダラスとの愛に溺れていく女・ジャスミン役をナタリー・クリルが演じる。メガホンをとるのは『アウト・オブ・コントロール』(日本未公開)のエイプリル・マレン。本作では監督をはじめ、プロデューサー、脚本、カメラマン、照明など、メインスタッフを女性のみで揃えたことでも話題となっている。

アンダー・ハー・マウス サブ1

このたび公開となった予告映像では、心の内側を見透かしてくるような真っすぐな眼差しを武器に、自信たっぷりな態度で誘惑してくるダラス演じるエリカ・リンダーが、演技初挑戦ながらも自分が探し求めた居場所と愛を手にする喜びと不安を見事に体現。恋に落ちていく二人の間にだけ存在する“時”を、大胆に、刺激的に、そして、官能的に演じている。

映画『アンダー・ハー・マウス』は、2017年10月7日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー。

(C)2016, Serendipity Point Films Inc.

関連記事

さらなる“禁断”の官能と愛―映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
美しく艶やかな描写…魅惑的な「5つ」の官能映画
女性同士のSEXから始まる『過激派オペラ』は想像以上に過激!
セックスが自由になった時代を描く『20センチュリー・ウーマン』
「俳優が心配だよ!」初めてそう思った濡れ場。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com