『フランダースの犬』を見て泣くのは、恥でもないし役に立つ

fds_g_main

©THE DOG OF FLANDERS PROD.

心温まる名作もあれば、悲しみに支配される名作も。今回は心に悲しみを植え付けながらも多くの人の心に愛されるあの名作をご紹介。「劇場版フランダースの犬」です。

※多くの方が知っているラストシーンなのでネタバレをしています。予めご了承ください。

【復習】「フランダースの犬」ってどんな話?

「パトラッシュ、もう疲れたよ…」の台詞はあまりにも有名ですが、意外と全編通して記憶していない方も多いかもしれません。また、1975年にTVシリーズ(世界名作劇場)として放送されましたが、今回ご紹介するのは1997年に公開された劇場版。「世界名作劇場」演出を担当した黒田昌郎が監督を務めました。

ストーリー概要

午乳運びをしてなんとか生計をたてていた少年ネロとそのおじいさん。ある日、二人は金物屋に酷使され、弱りきって野原に捨てられていた労働犬を拾う。その老犬はネロの3日3晩にわたる付きっきりの看病の甲斐あって、無事元気を取り戻した……。それは、後に深い絆で結ばれることになるネロとパトラッシュとの運命的な出会いだった…。

大聖堂のルーベンス絵画を見ながら息を引き取るシーンは、「もう苦しまなくていいんだよ…」と同時に「どうして誰も助けてあげられなかったのか…」と涙なしには見られないシーンですが、そこへ行き着くまでの物語がこのラストをより悲しく、そして心に残るものにしてくれています。

[この映画を見れる動画配信サイト](2016年12月23日現在配信中)
b_hulub_hikarib_amazonb_jcomb_auvideob_itunesb_googleplayb_bonobo

「知ってる」で見てこそ発見がある

f-00410

©THE DOG OF FLANDERS PROD.

多くの方が知っているラストシーン。私自身も当然ラストシーンは鮮明に覚えています。しかし、冷静に考えると「いつ、どこで、どのバージョンを見たのか」を思い出せないのです。

おそらくテレビで見たのでしょうが、子供の頃見て以来しばらく見ていませんでした。その後大人になってからこの劇場版を見る機会がありましたが、様々考えることがありました。

悲しい結末を迎える、というよりそういう結末にさせた大人たちにまず腹が立ちます。映画で「もしも」は禁句かもしれませんが、「もしもそこで救ってあげられていれば」というのが何箇所もあります。

子供ながらに記憶し思っていた「ああ、ネロ死んじゃう、悲しい…」が「どうしてこんなことに…」という怒りを伴った感情に変わっていました。

大人になって知識が増え、思考を巡らせるようにもなり、良くも悪くも多くの物語に触れたからこそ、見方が変わったのだと思います。

そして、そのように感情面で変化がありつつも映画が終わって思ったことは「これは文句なしの不朽の名作だよな」ということでした。そこに変わりはありませんでした。

泣くのは恥でもないし、役に立つ

f-13341

©THE DOG OF FLANDERS PROD.

TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が遂に最終回を迎え、社会現象とも言える大反響となりました。

このドラマのタイトルはハンガリーの諺からきています。意訳すると「自分の戦う場所を選べ」という意味になります。

という余談は置いておきまして、「劇場版フランダースの犬」は“催涙弾映画”と言われる涙なしに見られない作品です。

映画を見て涙を流す顔は人に見られたくないと思われる方もいらっしゃると思いますが、名作なんですから仕方ありません。

泣くのは恥でもないし、役に立ちます(人生に)!

年末年始に是非チェックしてみてくださいね。

[この映画を見れる動画配信サイト](2016年12月23日現在配信中)

b_hulub_hikarib_amazonb_jcomb_auvideob_itunesb_googleplayb_bonobo

(文:柳下修平)

他の記事も読む
    映画の配信情報をチェック!
                      

    ライタープロフィール

    柳下修平

    柳下修平

    シネマズby松竹編集長、1986年生まれ、今年で30歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。幻冬舎「Ginger」及び「Spark Ginger」で映画コラム連載も。ブロガーメルマガEdge Rank執筆メンバー。映画以外ではカメラと旅行が趣味。

    ピックアップ

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • apopo
    • なぎさ
    • 久保田和馬
    • ぬまがさ
    • タクスズキ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo