『パリに見出されたピアニスト』公開決定&ティザーポスタービジュアル|この指で、未来を拓く!

【公開情報・ティザーポスタービジュアル】
『パリに見出されたピアニスト』

9月ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー

フランス映画「In Your Hands(英題)」が『パリに見出されたピアニスト』の邦題で、9月に全国公開されることが決定。ティザーポスタービジュアルが解禁された。

駅に置かれた1台のピアノ。マチューの楽しみは、自身を追う警察官の目を盗んでそのピアノを弾くことだった。ある日、ひとりの男がマチューの旋律に耳を傾ける。その出会いが、彼の人生を大きく変えていく。

本作は、生い立ちに恵まれず夢を持たずに生きてきた青年と、彼の才能を見出しピアニストに育てようとするふたりの大人たちの物語を描いた音楽への情熱と愛に満ちたヒューマンドラマ。

ピアニストとして天賦の才能を持つ主人公マチューを演じるのは、イザベル・ユペールと共演した『アスファルト』での瑞々しい演技が注目されたジュール・ベンシェトリ。祖父はフランスを代表する俳優ジャン=ルイ・トランティニャン(『男と女』『愛、アムール』)、父は映画監督で俳優としても活躍するサミュエル・ベンシェトリ(『アスファルト』)、母は故マリー・トランティニャン(『ポネット』)という、仏映画界きっての新鋭の、満を持しての初主演作となる。

マチューを見守り導いていく大人たちを演じるのは、ランベール・ウィルソン(『マトリックス』シリーズ 『神々と男たち』)とクリスティン・スコット・トーマス(『イングリッシュ・ペイシェント』、『サラの鍵』)という実力派。マチューとの出会いによって変わっていく大人たちの、3人の関係性も見どころだ。監督は、リュック・ベッソンやギョーム・カネの元で助監督を務めてきた俊英ルドヴィク・バーナード。

「ピアニスト」を題材にした本作では、劇中で奏でられるクラシックの名曲の豪華競演も見どころ。 バッハ、ショパン、リスト、ラフマニノフ。誰もが知る名曲に彩られた、美しいクラシックが織りなす感動のサクセス・ストーリーだ。

公開情報

『さらば愛しきアウトロー』
9月ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
出演:ランベール・ウィルソン クリスティン・スコット・トーマス ジュール・ベンシェトリ
監督:ルドヴィク・バーナード
原題:au bout des doigts/2018年/仏・白/105分/シネマスコープ/カラー/デジタル/字幕翻訳:横井和子
(C)Récifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018
配給:東京テアトル 提供:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル

他の記事も読む

関連記事

『パパは奮闘中!』 黒木華ら著名人コメント&イラスト到着!
「フランス映画祭 2019」 6月20日より横浜で開催!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com