ドイツ映画『5パーセントの奇跡』の日本人プロデューサー樋口洋子氏、本作を語る!

© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

1月13日から公開となる『5パーセントの奇跡』、95%の視力を失いながらも、五つ星ホテルで働くという夢を叶えるため大芝居を打った青年の奇跡の実話を描いた映画となっている。

今回シネマズにドイツで映画プロデューサーとして活躍する、日本人プロデューサー・樋口洋子氏のコメントが到着した。

プロデュースを手がけた樋口洋子氏は、視力を失ってからの血のにじむような努力と想像を絶する実話を、ポジティブな演出で楽しく爽快かつ心温まる映画として作り上げた。

本作で大きく掲げられている、「人と支え合うということ、友情、支え合い」というテーマには、樋口自身がドイツに渡ってからの体験が大きく影響している。

「最初はドイツ語が全く喋れなくて、学校でも、映画界に入ってからも、多くの方に助けられて支えられてきました。本作の主人公であるサリヤさん自身、目が見えず弱い立場ですが、さらに弱者の立場の人を色々助けた方なんです。サリヤさんと話してわかったことは、人と助け合って支え合ったら人生もっともっと簡単になるということでした。一人で悩まずにお互い支え合ったほうが絶対にお互いに夢も叶えられるし、人生が広く大きくなるということです。人と支え合うというメッセージはこの映画にとっても大切な事なのです」

と語る。

© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

最も苦労した点については、

「この作品は50%コメディ、50%深刻ですからバランスがすごく難しいんですね。その部分で監督とシナリオライターの二人での討論がたくさんありました。そんな時にプロデューサーは監督やカメラマン、シナリオライター、俳優の話を聞いて、良いなと思った部分は取り入れながらも、最後には船のキャプテンとして、方向を決めなくてはいけないんです。」

と明かす。

世界で活躍する日本人プロデューサーが満を持してお届けする、世界の心を掴んだ奇跡の実話がいよいよ2018年、上陸する。

映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』は2018年1月13日(土)から新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにて全国ロードショー。

樋口洋子 プロフィール

1971年5月31日、日本の兵庫県生まれ。

ドイツの大手配給&製作会社CONSTANTIN FILMで、Head of AcquisitionsとCo-Productions(買付のトップと製作担当)として、ドイツを代表する映画プロデューサーのベルント・アイヒンガー(『ヒトラー ~最期の12日間~』『バーダー・マインホフ 理想の果てに』)と一緒に働き、『ロスト・イン・トランスレーション』(ソフィア・コッポラ監督)、ジョージ・クルーニー主演『フィクサー』等のヒット作品を手掛ける。

2000年より、ベルリンとミュンヘンにあるドイツの大手製作会社ZIEGLER FILMの劇場映画の製作部門の責任者となる。

彼女の2本目のプロデュース作品である本作がドイツで大ヒットを記録し、ドイツでの動員数が100万人となり、世界40カ国以上の公開が決まる。

他の記事も読む

関連記事

95%の視覚を失った青年がとった大芝居!奇跡の実話が映画化

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com