『アナと世界の終わり』公開決定|前代未聞の“青春ゾンビミュージカル”

【公開・邦題決定】
『アナと世界の終わり』

5月31日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

世界中の映画祭で話題沸騰となった青春ゾンビミュージカル『Anna and the Apocalypse(原題)』が『アナと世界の終わり』の邦題にて、5月31日(金)より、全国公開される決定した。

本作は、世界各国のファンタスティック映画祭で上映され、映画ファンの心を鷲掴みにした作品。海外の批評家からは、“『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ラ・ラ・ランド』の出会い!”と評され、前代未聞となる<ゾンビ>と<ミュージカル>の融合という新たなジャンルが衝撃を与えた。さらに、辛口映画批評サイト「ロッテントマト」で77%フレッシュを記録、観客からの評価も74%と高評価を得ており、まさに映画ファン必見の一作といえる。(※2019年1月29日時点)

ストーリー

イギリスの田舎町リトル・ヘブン。高校生のアナは、幼い頃に母を亡くし父トニーと二人暮らし。この生活を抜け出したいアナは、父に内緒でオーストラリア旅行を夢見てバイトに励んでいた。幼馴染のジョンは、アナの願いを応援しながら密かに思いを寄せている。クリスマスイヴ、旅行の計画がバレてしまい、アナとトニーは大ケンガをする。夢も希望もないこの町に、アナはウンサリしていた―。翌日、アナとジョンはいつも通り学校へ向かう。その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れジョンに襲いかかる。その瞬間、アナはシーソ-を使って男の頭を吹き飛ばす!なんと、男の正体はゾンビだったのだ!その後、クラスメイトたちと合流したアナとジョンは、クリスマスの学芸会の準備のため取り残された学生たちを救出するため学校へと向かうが……。ゾンビに侵食されたこの町を脱出するため、“負け組”高校生集団が力をあわせてゾンビに立ち向かうー!!

公開情報

『アナと世界の終わり』
5月31日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督:ジョン・マクフェール
脚本:アラン・マクドナルド、ライアン・マクヘンリー
音楽:ロディ・ハート、トミー・ライリー
出演:エラ・ハント、マルコム・カミングス、サラ・スワイヤー、クリストファー・レボー、ベン・ウィギンス他
2017年/イギリス/カラー/デジタル/英語/98分/シネマスコープ/原題:Anna and the Apocalypse/PG12
コピーライト:© 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.
配給:ポニーキャニオン
宣伝:スキップ
◆Twitter:@anaowari_movie #アナせか

他の記事も読む

関連記事

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』予告編完成!“性に悩む青年の挫折と成長”をミュージカルタッチで描く
『ムトゥ 踊るマハラジャ』 (4K・ステレオ版)ミュージカル・シーン「クルヴァーリ村で」全曲公開!
<矢口史靖監督、ミュージカルコメディに初挑戦!『ダンスウィズミー』ヒロインは三吉彩花/a>
【決定版】タイプ別ミュージカル映画オススメ25選!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com