映画『コンフィデンスマンJP』“ウラオモテ”のあるティザービジュアル解禁! 2019年5月17日あなたは必ず騙される

©2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会

映画『コンフィデンスマンJP』のティザービジュアルが解禁。ファンミーティング開催が決定した。

『コンフィデンスマンJP』は“欲望”や“金”をテーマに、一見平凡で善良そうな姿をした3人の信用詐欺師達(=コンフィデンスマン)が、金融業界、不動産業界、芸能界など、様々な業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディー作品。

天才的な知能と抜群の集中力を持ち合わせながら、いい加減で詰めが甘く、その不完全さ故にどこか憎めない主人公ダー子役に長澤まさみ。真っ当に生きていきたいと思うものの、小心者でいつもダー子に振り回されてばかり。騙すことも得意だが、お人好しゆえに騙されることもあるボクちゃん役に東出昌大。百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン。変装や言葉遣い、根っからの品の良さを活かし、どんな世界の人間にも見える特技を持つリチャード役に、小日向文世。

そしてドラマに引き続き本作の脚本を担当するのは、第29回日本アカデミー賞にて最優秀脚本賞を受賞した『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ、偏屈で毒舌な弁護士による法廷劇を描いた人気ドラマ『リーガル・ハイ』や卓球の混合ダブルスを組んだ男女の“新感覚ロマンティックコメディー”として昨年大ヒットした『ミックス。』を手がけた古沢良太。二転三転する壮絶な騙しあい、ド肝を抜くトリックの連続で見るものに息をつかせないストーリーを展開していく。

今回解禁となり12月14日(金)よりチラシにて全国劇場に配布されるティザービジュアルは、長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人のコンフィデンスマンを中心に展開する二転三転する物語、そして3人を含めたウラオモテのある登場人物たちを形容するかのような両面仕様のデザインに。

紳士的なボクちゃんとリチャードが写りこむサングラスをかけ、大量の札束が舞う中で満面の笑みを浮かべるダー子の姿が描かれ、まるで彼女を軸に世界が廻っているように見える面。ヌンチャクを構え、香港の“あの大スター”を想起させるボクちゃん、両手を上げて紳士とはかけ離れた無邪気な様子で喜ぶリチャードが写りこんだサングラスを外し、凛とした眼差しで次の“オサカナ”(ターゲット)あるいは世界を狙うダー子の姿が描かれた面。

真実と嘘は表裏一体。何が嘘で、何が本当なのか、どっちがオモテで、どっちがウラなのか。それを決めるのはあなた次第!?ドラマ以上に観るものを欺く映画版「コンフィデンスマンJP」の始まりを予感させる、オシャレで、豪華で、スタイリッシュなティザービジュアルが完成した。

また、映画公開日が2019年5月17日(金)に決定。信用詐欺がテーマなだけに、映画化がウソだと思っていた方も多く見受けられたが、本当に映画が公開される。

第1回 子猫ちゃんたちの集い~忘年会編~ 12月19日(水)開催決定

自称子猫ちゃん筆頭の五十嵐と共に、今年を振り返るファンミーティングイベント、「第1回子猫ちゃんたちの集い 忘年会編」が12月19日(水)都内某所にて開催決定。五十嵐役を演じる小手伸也や、本作のメガホンをとった田中亮監督、さらには来年公開の映画に登場するダー子の弟子も参戦。五十嵐の生副音声付きドラマ振り返り上映のほか、映画最新情報もちょこっと知れちゃうかも!?

関連記事

「コンフィデンスマンJP」第1話に感じた“魅力”と“懸念”
「コンフィデンスマン JP」何と早くもBlu-ray&DVD発売が決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com