【映画ランキング】『銀魂2』1位スタート!『カメラを止めるな!』8位に上昇で興収8億突破!

先週末(2018年8月18日〜8月19日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『銀魂2 掟は破るためにこそある』

2位(↓)『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

3位(→)『インクレディブル・ファミリー』

4位(↓)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

5位(NEW)『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』

6位(→)『オーシャンズ8』

7位(↓)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

8位(↑)『カメラを止めるな!』

9位(↓)『未来のミライ』

10位(↑)ペンギン・ハイウェイ

 (C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

 今週の映画動員ランキングは、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(ワーナー)が、土日2日間で動員38万5000人、興収5億2800万円をあげ初登場1位を獲得した。8月17日(金)初日からの3日間累計では、動員60万人、興収8億円を突破する好調なスタートとなっている。

 夏休みの大作が次々封切られる激戦の中、3週連続で首位に君臨していた『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(東宝)は、土日2日間で動員30万6000人、興収4億2600万円をあげるも2位に後退。しかしながら、累計では動員538万人、興収69億円を突破。興収歴代ランキング86位にランクインしてきている。

 『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』(東映)は、土日2日間で動員16万9000人、興収1億9600万円をあげ5位に初登場。

 ほか新作では、森見登美彦による同名小説のアニメーション映画化『ペンギン・ハイウェイ』(東宝映像事業部)が10位にランクイン。

 既存作品では、6週目を迎えた『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(東宝東和)が、累計興収73億円を突破し、興収歴代ランキング76位にランクイン。

また、異例の快進撃を続けている『カメラを止めるな!』(アスミック・エース/ENBUゼミナール)は先週の11位から8位にランクアップ。累計興収は8億円を突破しており、10億円突破も視野に入ってきた。

他のニュース記事も読む

関連記事

『銀魂2』出演者別見どころポイント!MVPは柳楽優弥、イケメンNo.1は吉沢亮…!?
『銀魂2』、宣言通り「2倍」となった「5つ」の注目ポイント!
『カメラを止めるな!』を絶対に観るべき8つの理由!ゾンビ映画最高傑作にして大感動ファミリー映画だ!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com