「壁ドン」ブームを起こした人気作!第2弾の『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』制作決定

東映配給により、映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019年公開)の製作が決定した。

(C)渡辺あゆ/講談社

「L・DK」は、漫画家の渡辺あゆにより 2009 年から8年以上にわたって「別冊フレンド」(講談社)で連載され、コミックス累計発行部数は1000万部を突破するほど愛され続けている超人気少女コミック。2014年には、主人公・西森葵を剛力彩芽、久我山柊聖(しゅうせい)を山﨑賢人で実写映画化され、原作ファンのみならず日本中の女子中高生を熱狂させた。

さらに、劇中で登場する「壁ドン」は大きな話題を呼び、その年のユーキャン新語・流行語大賞のトップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こしたことも。

そして、2017年10月13日発売の単行本24巻で原作コミックが完結。原作ファンの興奮も冷めやらぬ中、待望の第2弾実写映画化が始動。サブタイトルは“ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。”と決定し、キャストを一新して描かれる物語は、原作コミックの中でも特に絶大な人気を誇る「玲苑(れおん)編」になる。

恋人同士となり、ふたりきりのラブ同居をはじめた葵と柊聖の下に突然、柊聖のいとこ・玲苑がやってきて、まさかの3人同居がスタート。果たして不器用な3人の恋の行方は……。

(C)渡辺あゆ/講談社

さらに、今回の発表にあたり、原作者・渡辺あゆから喜びのコメントと描き下ろしのイラストが到着した。無防備に朝の支度をする葵に対して、隣でハミガキをしながら肩を抱く柊聖と、ちょっかいを出す玲苑というドキドキな三角関係が描かれたイラストは、まさに映画の世界観を表す1枚になっている。

原作:渡辺あゆコメント

まさかの再映画化に驚いています。今回、恋人同士になってからのラブ同居編ということで、2人のドキドキシーンや三角関係を新キャストのみなさんがバッチリ演じてくださっています。スクリーンで観るのが今から楽しみです。

関連記事

ヒロインに“走らせる”俳優・山﨑賢人が遂に走った!
山﨑賢人の4つの魅力!『一週間フレンズ。』のかわいらしさを見逃すな!
新作が目白押しの若手たち:イケメン俳優編
GWはどっち観る!?『となりの怪物くん』と『ママレード・ボーイ』の見どころを紹介
『覚悟はいいかそこの女子。』映画化決定!ヘタレイケメンを演じる中川大志のコメントも到着

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com