『ロンドン、人生はじめます』愛らしさ全開のダイアン・キートンに賞賛の声が続々到着!

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. 

アカデミー賞女優ダイアン・キートン主演最新作『ロンドン、人生はじめます』が2018年4月21日(土)より全国順次公開。愛らしさ全開のダイアン・キートンに賞賛の声が続々到着している。

本作は、ロンドンの高級住宅地ハムステッドを舞台にホームレスが一夜にして資産家となった衝撃の実話をもとに映画化。思いがけない出会いによって自分らしさを発見していく二人を軽やかなユーモアで描き、これからの暮らし をみつめるヒントが詰まった大人たちの幸せ探しムービーとなっている。

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. 

以下、著名人らの本作の感想を掲載する。

おすぎ(映画評論家)

「お金や近所付き合いに問題ありの未亡人を、ゆったり楽し気に演じているダイアン・キートンを絶賛して、スクリーンに拍手であります。 ストーリーの流れが見事!ということは、脚本の出来が秀逸なのであります。」

小林聡美(女優)

「人生の時間を無駄に過ごしてきたと思うなら、やり直せばいい。誰かに支配された人生、ウソの人生にはサヨナラ。明日を怖がらず、好奇心にフタをせず、もっともっと自分を喜ばそう!ってこれは青春映画ですよね。」

姫野カオルコ(姫野嘉兵衛)(小説家)

「ダイアン・キートン 71 歳。シワもしっかりあります。タルミだって。なのにキュートでかわいい。 もしかすると昔よりかわいいかも。へえ、いいなあ、こういうのいいなあって、にこにこしてラストシーンまで見てしまいます。 脇役陣もいい味。」

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

「困惑、喜び、失望。あらゆる感情を抱えながらも自分の正直な思いを支えて生きる中年女性エミリーの愛おしさたるや。この年齢にならなければ叶わない女性の魅力や可愛さが徹底的に描き出されています!」

玉村豊男(エッセイスト・画家・ワイナリーオーナー)

「どこの国のどんな町にも起こりそうな話から生まれた、素敵なお伽噺。会話も、情景も、すべてが羨ましいくらいお洒落。大人の女性は必見です。ついでに日本の男たちも誘ってあげてください。」

ストーリー概要

夫亡きあとに発覚した浮気や借金、徐々に減っていく貯蓄、うわべばかりの近所付き合い・・・様々な問題から現実逃避している未亡人エミリー (ダイアン・キートン)。ある日、自宅の屋根裏部屋から双眼鏡で外を眺めていると自然に囲まれてはいるが小さな家で暮らすドナルド(ブレンダン・グリーソ ン)を見つける。庭でのディナー、気ままな読書、森のピクニック・・・余計なものを持たず DIY 暮らしで幸福なドナルドと知り合い、エミリーは頑固だけど温かい 人柄に惹かれていく。そんな中、世間を巻き込む事件がドナルドに降りかかり、二人の恋の行方は予測不可能な展開に―。

関連記事

愛し続けることは難しいこと―ダイアン・キートン単独インタビュー
女優の宝庫ウディ・アレン映画で最も輝いた大女優ミア・ファロー
やりたいことリストには続きがある―モーガン・フリーマン単独インタビュー

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com