歌姫との道ならぬ恋に落ちていく等身大のモーツァルト

音楽家・モーツァルトの生誕260年を記念して製作された映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』より、新たな場面写真が解禁となった。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』場面写真解禁

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード メイン

1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める2人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく――

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード サブ670

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に着想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品。音楽家モーツァルトの生誕から260年を記念して製作された。

主演のモーツァルトには、『ダンケルク』にも出演するアナイリン・バーナード。そして悲運の歌姫スザンナ役を『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラーク、悪の男爵サロカを『ハイ・ライズ』のジェームズ・ピュアフォイ、さらにサマンサ・バークスなど多彩な顔ぶれが揃う。

メガホンをとるのはジョン・スティーブンソン監督。そして衣装デザイナーとしてアカデミー賞を受賞し、オペラの舞台美術も手掛けるルチャーナ・アリギが、18世紀の華麗なる衣装と荘厳なるプラハの街並みを余すことなく再現する。さらに映画の鍵となる傑作オペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」をはじめとする音楽を、プラハ市立フィルハーモニー管弦楽団が演奏する。

このたび解禁されたのは、アナイリン・バーナード扮する天才音楽家モーツァルトを捉えた新場面写真。

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード サブ267

 

本作のモーツァルトは、かつての『アマデウス』で描かれたひょうきんで変人さを誇張されたモーツァルトとは異なり、愛する息子を病で失い苦悩しながらも、歌姫スザンナ(モーフィッド・クラーク)との道ならぬ恋に落ちていく等身大の男性としての姿を見せる。

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード サブ6081

また「フィガロの結婚」によって一世を風靡した天才音楽家が、いかにして自らの体験のもと、次作へと取り組んでいくかという過程も興味深く描かれていく。スザンナを巡り、悪名高いサロカ男爵(ジェームズ・ピュアフォイ)と攻防繰り広げていく三角関係のクライマックスにも注目だ。

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード サブ2

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は2017年12月2日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

画像ギャラリー

(C)TRIO IN PRAGUE 2016

関連記事

モーツアルトは三ツ矢雄二『アマデウス』BD発売!テレ朝版初収録
バーフバリ!バーフバリ!完結編、ついに公開決定!
300名ものユダヤ人を救った、動物園の園長夫妻の物語
ベジャール代表作の舞台裏に迫る『ダンシング・ベートーヴェン』
カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロが初共演

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事