遠藤周作の名作を映像化!映画『沈黙-サイレンス-』日本特別映像

マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の「沈黙」を映像化した作品、映画『沈黙-サイレンス-』より、日本限定の特別映像が解禁となった。

映画『沈黙-サイレンス-』より、
スコセッシ監督、主要キャストらの熱いコメントが到着!

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた宣教師ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか、究極の選択を迫られる――

沈黙-サイレンス- 仮メイン

映画『沈黙-サイレンス-』は、遠藤周作の「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作に出会ってから28年の時を経て映画化する作品。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を、壮大な映像で描く。

出演キャストはアンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバーらに加え、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派俳優陣が集結する。

このたび本作より、日本限定の特報映像が解禁となった。

沈黙-サイレンス- マーティン・スコセッシ監督

日本特別公開となる今回の映像では、マーティン・スコセッシ監督が「原作を読み終えてすぐ、映画化しなければならないと思った」と映画化へのきっかけを語り、あまりに深く壮大なテーマであるため、様々な準備、困難を乗り越えるために28年の歳月を要し、常に「遠藤周作ならどうするだろうか?」ということを念頭に置いてアプローチをしたことなど、スコセッシ監督と主要キャストの本作に掛ける熱い想いが描かれている。

映画『沈黙-サイレンス-』は2017年1月21日(土)より全国ロードショー。

(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

関連記事

『沈黙-サイレンス-』/〝信仰〟と〝映画愛〟で巨匠マーティン・スコセッシは完成する
窪塚洋介、浅野忠信、小松菜奈らの姿も『沈黙-サイレンス-』日本版予告
日本から窪塚洋介、浅野忠信ら参加『沈黙-サイレンス-』2017年公開決定
Aホプキンス×Aパチーノ、初共演の本編映像解禁『ブラック・ファイル』
シリーズ最新作『スパイダーマン:ホームカミング』新スーツ解説映像

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事