『葬式の名人』 予告・ポスタービジュアル|前田敦子×高良健吾×白洲迅で描き出す川端康成の世界観

【予告編・ポスタービジュアル】
『葬式の名人』

2019年9月20日(金)全国公開

大阪を舞台に、奇想天外な高校の同級生のお通夜を体験する人々を描く、映画『葬式の名人』が、2019年9月20日 (金)より全国公開されることが決定。予告編とポスタービジュアルが到着した。

突然舞い込んできた、高校時代の同級生の訃報――。卒業から10年、久しぶりに顔を合わせた面々は、これまで見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜を開くことにする。

シングルマザーの主人公・雪子を演じるのは、実生活でもママとなり『旅のおわり世界のはじまり』の公開が控えている前田敦子。『Seventh Code』以来、5年ぶりの映画主演を務める今回は、女手一つで息子を育てる母親・渡辺雪子を逞しく、そして深遠に演じている。

雪子達同級生を不思議な一夜に巻き込む豊川役に、数々の映画賞に輝いた『悼む人』『きみはいい子』などで常に鮮烈な印象を与え、『多十郎殉愛記』『アンダー・ユア・ベッド』等主演作が相次ぐ高良健吾。主人公達の同級生で中心的人物である吉田役を、映画・ドラマ「BACK STREET GIRLS –ゴクドルズ-」で主演する他、連続ドラマなどに引っ張りだこのブレイク俳優・白洲迅が務める。

本作脚本のモチーフである川端康成の世界を象徴する謎の女役に日本映画界の至宝・有馬稲子。ほか尾上寛之、中西美帆、岡野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香など実力派の若手俳優達が演じる同級生の登場により、笑いあり涙ありの同葬会が繰り広げられる。

映画評論家として知られる樋口尚文監督の劇場用映画第二作目となる本作は、ノーベル文学賞受賞作家・川端康成の作品を原案に、川端康成が18歳まで過ごした大阪府茨木市で撮影。川端の学び舎である茨木高校の後輩である大野裕之(『太秦ライムライト』脚本・プロデューサー)が脚本を執筆した。

ストーリー

大阪府茨木市にある簡素な木造アパートで、息子と二人で暮らしている28歳・雪子。ある日、彼女のもとに高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から 10年の時を経て、通夜に集まった同級生たちが体験したのは、 これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜だった――。

公開情報

■タイトル:『葬式の名人』
■公開日:
2019年9月20日(金)全国ロードショー 
8月16日(金)茨木市先行ロードショー
■キャスト:
前田敦子 高良健吾 白洲迅
尾上寛之 中西美帆 奥野瑛太 佐藤都輝子 樋井明日香
中江有里 大島葉子 佐伯日菜子 阿比留照太(子役)
桂雀々 堀内正美 和泉ちぬ 福本清三 中島貞夫 栗塚 旭 / 有馬 稲子
■原案:川端康成の『葬式の名人』『師の棺を肩に』『片腕』『バッタと鈴虫』『十六歳の日記』『古都』『少年』『化粧の天使達』か らモチーフを得ている。
■スタッフ:
監督:樋口尚文(『インターミッション』) 企画:榎望(『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』『母と暮せば』) プロデューサー・脚本:大野裕之(『太秦ライムライト』 音楽劇『ライムライト』) 撮影:中堀正夫(『鏡の女たち』) 照明:祷宮信(『GONINサーガ』) 美術:部谷京子(『Shallweダンス?』) 録音:益子宏明 編集:大島ともよ(『戦場のメリークリスマス』) 音楽:上野耕路(『ヘルタースケルター』)
制作プロダクション:劇団とっても便利
製作:高橋茂幸 宮田明聡 鈴木創 片山淳一郎 内田祥彦 劇団とっても便利
製作協力:茨木市企画財政部まち魅力発信課
企画協力:公益財団法人川端康成記念會 理事長川端香男里 水原園博 茨木市立川端康成文学館 久敬会
特別協賛:Panasonic 環境機器株式会社
特別撮影協力:大阪府立茨木高等学校
全面協力:大阪府茨木市 茨木市制施行70周年記念事業
■配給:ティ・ジョイ
■公式サイト:http://soushikinomeijin.com/
■コピーライト:(C) “The Master of Funerals” Film Partners

他の記事も読む

関連記事

前田敦子主演『旅のおわり世界のはじまり』本予告&場面写真解禁!
前田敦子『旅のおわり世界のはじまり』予告編|劇中で「愛の讃歌」歌唱に挑戦!
前田敦子、黒沢清の最新作『旅のおわり、世界のはじまり』で主演!長編映画で海外オールロケに初挑戦

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com