ゲイリー・オールドマン史上最高の演技!『ウィンストン・チャーチル』日本公開決定!

© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

数々の名演技を見せてきた名優ゲイリー・オールドマンが伝説の政治家ウィンストン・チャーチルを演じる「Darkest Hour」の日本語タイトルが、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』に決定し、来年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開されることが決定した。

このニュースのポイント

・「Darkest Hour」の日本語タイトルが『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』に決定
・ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチル元英国首相を演じる
・日本公開は2018年3月

他のニュース記事も読む

『Darkest Hour』改め日本公開タイトル『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は米テルライド映画祭、トロント国際映画祭で絶賛を集め、アカデミー賞最有力候補に躍り出ている。

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。

ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。

チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

チャーチルに扮するのは、英国の名優ゲイリー・オールドマン。特殊メイクによって完璧な変身を遂げ、圧巻の演技を見せる。「これこそが最高峰の演技だ!」(ローリング・ストーン)「今年一の名演!」(アクセス・ハリウッド)などメディアも絶賛。『裏切りのサーカス』(11)以来となるアカデミー賞ノミネートが確実視され、主演男優賞に今最も近い俳優となった。

チャーチルを支える妻クレメンティーンにクリスティン・スコット・トーマス(『イングリッシュ・ペイシェント』)、秘書エリザベスにリリー・ジェームズ(『ベイビー・ドライバー』『シンデレラ』)、英国王ジョージ6世にベン・メンデルスゾーン(『名もなき塀の中の王』「ブラッドライン」)が脇を固め、見事なアンサンブルを見せている。

監督は、『プライドと偏見』『つぐない』などで知られる英国の俊英ジョー・ライト監督。脚本は、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞候補となったアンソニー・マクカーテン。ハリウッド・リポーターのオスカー主要賞予想では、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞、助演女優賞、助演男優賞、作曲賞で名前が上がっており、本作がこれからの賞レースを騒がすことは間違いない。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com