『グレイテスト・ショーマン』に秘められた現代へ送る“衝撃的なメッセージ”とは?

■ザック・エフロン出演の『ダーティ・グランパ』もチェック!

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『ラ・ラ・ランド』のヒットでミュージカル映画に再び注目が集まるようになってきています。

その『ラ・ラ・ランド』の作詞を手掛けたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが楽曲を担当し、『レ・ミザラブル』のヒュー・ジャックマンが主演、共演に『ハイスクール・ミュージカル』のザック・エフロンなどの布陣で贈る『グレイテスト・ショーマン』もまた、今年の映画シーンを豪華に彩る傑作として大いにお勧めしたい作品ですが……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街vol.290》

この映画、ただの豪華絢爛たる楽しい感動作であるだけでなく、その奥には非常に深く現代に訴える衝撃的なメッセージを秘めてもいるのです!

P・T・バーナムが作り上げた
“地上最大のショウ”

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『グレイテスト・ショーマン』はアメリカの興行師P・T(フィニアス・テイラー)・バーナム(1810~1891)の人生を基に作られたミュージカル映画です。

ここではヒュー・ジャックマンがバーナムをバイタリティあふれる人物として好演していますが、実際のバーナムの人生から脚色された部分も多いので、あくまでも映画オリジナルの人物として捉えたほうが、より気持ちよく接することができるでしょう。

ちなみにバーナムが設立したサーカスの謳い文句は“THE GREATEST SHOW ON EARTH(地上最大のショウ)”でしたが、彼の死後、そのサーカスは“リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス”へと進化し、これをモデルにした1952年の映画『地上最大のショウ』はアカデミー賞作品賞&脚本賞を受賞しています。

また1986年にはバーナムを名優バート・ランカスターが演じたTVムービー『バーナム/観客を発明した男』も作られています。

さて、本作は愛する妻や子どもたちのために貧しい境遇から抜け出して、成功を収めようと腐心し続けるバーナムの挑戦がバイタリティ豊かに描かれていきます。

その中で彼は、身体的もしくは人種的に不遇な立場にあった人々を集めて、興行を打ち始めていきます。

当時、人前に出るだけで迫害されがちだった彼らをいかに説得するか、本作の最初のキモはここにあるといっても過言ではないでしょう。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com