“永遠の平和”を願う『日本のいちばん長い日』公開初日舞台挨拶

8月8日(土)、丸の内ピカデリーで映画『日本のいちばん長い日』の公開初日舞台挨拶が行われ、陸軍大臣の阿南惟幾を演じた主演・役所広司さんをはじめとする豪華キャストが登壇しました。

DSC06225_1200
(左から、原田眞人監督、松坂桃李、役所広司、本木雅弘、神野三鈴)

『日本のいちばん長い日』は同名のノンフィクション小説を原作に、太平洋戦争終結の裏で終戦の為に身を挺して戦った、実在の人物を描いた作品です。

登壇した役所さんは「たくさんの映画がある中、この作品を選んでくれてありがとうございます」と客席へ挨拶。昭和天皇を演じた本木さんは、「普段、役者という仕事に興味を示さない17歳の息子が「観たい」と言って今日来ています」と息子に役者としての姿を見せる機会を与えてくれた監督への感謝を述べていました。

DSC06201_1200
一方、監督は「8月8日はこれから僕にとって『日本のいちばん長い日』の開戦記念日になります。敵はミッション・イン・ポッシブル5とジュラシックワールドです。やっつけたいです!応援してくだい!」と会場を盛り上げます。

演じた役について

DSC06191_1200

軍人の顔と家庭での顔を持つ役を演じるにあたって意識したことを尋ねられ、役所さんは「家庭人として、父として、夫としての顔も持つ監督が描いてくれたので、阿南惟幾さんという人物を演じるうえで力になったと思う」と、家族を思いながらも国のために身を尽くした阿南を監督と重ねてコメントしました。

DSC06180_1200

本木さんは昭和天皇を演じることにかなりプレッシャーがあったそうですが「プレッシャーを感じていた撮影中から、撮影が終わっても、皇室のある国で暮らしている一員として、目に見えない力に守られている安心感のようなものが自分の背中を押してくれている気がします」と天皇の存在の大きさを感じていたようです。

DSC06182_1200

DSC06204_1200

クーデターを計画する若き将校・畑中健二を演じた松坂さんは「自分の客観性が現場で出ると役がぶれてしまうので、監督のOKという言葉を頼りに、役者さんや他の陸軍将校と対峙して出てくる気持ちをストレートに出していこう、と向き合いました」と役へのアプローチを語り、「緊張しない場面はなかったけど、監督とお会いする時が一番緊張するので、今一番緊張しています」と笑顔まじりに言うと、隣に立つ原田監督も笑いをこぼしていました。

DSC06186_1200

神野さんは阿南の妻という大切な役のオファーに驚いたそう。また、役所さんについて「温かくて家族思いで優しかったという阿南さんのイメージどおりの方」と話していました。演じた綾子については「軍人の妻として、苦しみを誰にも理解されなかったであろう阿南さんの唯一の理解者で同士でありたいと願って、そこだけはぶれないように二本の足でガシっと立っていようと思いました」と語りつつ、綾子のおかれた状況への納得がいかない思いから、役作りについて監督へ相談することもあったと明かしました。

また、これまでの作品で“家族”の姿を描いてきた原田監督。今作でも“家族”は大きなテーマになっていることを語ります。
「最初に重要だったのは、戦前の社会で昭和天皇を頂点とする大きな家族があった、という考え方を自分で体験すること。一番根っこになったのは、鈴木貫太郎さんを父親として、長男が阿南さん、次男が昭和天皇という疑似家族の構図ですね。その3人が出てくる最初の方の回想シーンは実話で、映像化したいと。それから貫太郎さんが聖断をあおぐシーン。この2つのシーンは僕自身、撮っている時にも心が震えるシーンでしたし、僕にとってはこの作品の核だと思っています」

上映後の舞台挨拶でしたが、監督の話を聞いて、あらためて深層で描かれる3人の関係性に注目して作品を観たいと思った人も多いのではないでしょうか。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com