半世紀ぶりに東映が放つ渾身の怪獣作品『シリーズ怪獣区 ギャラス』を要チェック!

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

東映で怪獣作品が!!と話題の「東映特撮ファンクラブ」(「TTFC」)配信作品『シリーズ怪獣区 ギャラス』。

「ギャラス」が配信されると初めて耳にしたときは、とても驚きました。

なぜなら東映に怪獣のイメージがなかったからです。

1960年代、ウルトラマンに登場する怪獣達の人気に火がつき、怪獣ブームが起こりました。

すると各社が怪獣映画を続々と制作。

すでに人気を不動のものにしていた東宝の「ゴジラ」シリーズを始め、大映は「ガメラ」を、松竹は「ギララ」を、というなか、東映が世に送り出した怪獣作品が『怪竜大決戦』。

怪竜大決戦

若き日の松方弘樹さんが主演を務める、時代劇忍者もの。

一見怪獣作品ではないと思いきや、松方弘樹さんが演じる殺された殿様の息子・自雷也とその殿様を殺した犯人・大蛇丸がそれぞれ大ガマガエルと竜を呼び出して闘う、クライマックスのシーンは紛れもない怪獣映画。

ゴジラやガメラにはない、むしろ仮面ライダーやスーパー戦隊が少し匂ってくる東映感のある作品になっています。公開されてから50年以上経った今見ても存分に楽しめる作品なのですが、この『怪竜大決戦』、実は東映の最初で最後の怪獣映画として知られています。

スーパー戦隊では、もう40年近く巨大戦が行われていますが、「怪獣作品か?」と聞かれれば確かにそんな風に見たことはありませんし、スーパー戦隊ロボの見せ場として僕は楽しませてもらっています。

こういったこともあり「ギャラス」の発表は多くの特撮ファン、特に東映ファンを驚かせたのです。

「ギャラス」は約17分の短編作品。その17分の間に怪獣特撮の魅力が集約。

精巧なミニチュア、オープンセット、そしてCGを使わずに躍動する着ぐるみのギャラス。

スーパー戦隊の巨大戦とは違う魅力を感じることができます。

出演は『仮面ライダーウィザード』のコヨミでおなじみの奥仲麻琴さんと『宇宙戦隊キュウレンジャー』の追加戦士・ホウオウソルジャー役でまさしく伝説となった南圭介さん。

お二人が出演されてるからなのかはわかりませんが、仮面ライダーやスーパー戦隊とテイストは全然違うのに『怪竜大決戦』と同じく、やっぱり何故だか感じる東映感。

安心のハイクオリティ。

見終わると「ギャラス」に愛着心が沸いてることに気づきます。

等身大のヒーローを作らせたら右に出るものはいない東映。

その東映が何故、今 怪獣なのか。

それはハリケンイエロー/尾藤吼太を演じていた山本康平さんによる「TTFC」配信番組の『忍び道』を見ていただくと明らかに。

元々はオリジナルの等身大ヒーローを制作することを目標に進んでいたこの番組。

ところが『忍風戦隊ハリケンジャー』のプロデューサーも担当していた、「ギャラス」プロデューサー・塚田英明さんのとある一言で急展開。

果たして、どこで怪獣に舵を切ったのか。

その瞬間がしっかりと映像に収められていますので、是非「ギャラス」と共に見ていただきたいんですが、そんなこんなで超強力なスタッフ陣まで揃ったこの作品。

ここまでこぎつけた山本康平さんの熱量も相当熱いんですが、塚田プロデューサーはじめ怪獣作品に飢えてた東映チームがここぞとばかりにこだわりを詰め込んでいるからか、作品の熱も相当高いです。

塚田プロデューサーといえば「ハリケンジャー」を始め『特捜戦隊デカレンジャー』や『魔法戦隊マジレンジャー』、仮面ライダーでいえば「W(ダブル)」や「フォーゼ」のイメージが強いですが、元は早稲田大学の超有名サークル、怪獣同盟のご出身。

熱が入らないわけがありません。

『怪竜大決戦』から半世紀経った今、ようやく東映が放つ渾身の怪獣作品。

続編への期待も持ちつつ、まずはこの「ギャラス」を擦り切れるまで見て、怪獣特撮への愛もさらに深めていきたいと思います。

■『シリーズ怪獣区 ギャラス』の特報はこちらの記事から

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第92回:『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』最終回!この1年を振り返る
第91回:スーパー戦隊に欠かせない巨大ロボ。三体合体ロボの魅力や法則とは?
第90回:万丈を堪能できる『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』の魅力を力説

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

(C)東映特撮ファンクラブ

関連記事

東映怪獣特撮ドラマ『シリーズ怪獣区 ギャラス』ポスター解禁!
『仮面ライダーシノビ』の本編がTTFCにて独占配信決定!特報が解禁
「ルパパト」スピンオフ&「ジオウ」の「補完計画」が面白すぎる!ファン必見のTTFC作品を語る
平成仮面ライダーとは“謎の概念”!?『仮面ライダージオウ』白倉P&武部Pに篠宮暁が直撃!
東映特撮の黄金時代到来!新たな作品で活躍するOB・OGたちにも注目

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com