世界で一番美しいもの

マエストロ!

「交響楽」は字が表すように音が響きあって初めて生まれる。

さそうあきらさんの漫画を原作とした本作品では、主人公でコンサートマスターの香坂真一の人間ドラマを軸に、「交響楽」に正面から向き合い、その魅力を
素晴らしい演奏と共に伝えてくれる。

映画は、解散した交響楽団の再結成の話で寄せ集まった何処にも行き場のない「負け組」楽団員たちの不協和音で幕を開ける。この不協和音に拍車を掛けるのが、再結成コンサートを企画し、歯に衣着せぬ指揮者の天道徹三郎。
夫々の思いを抱えて参集した「負け犬」楽団員たちは、初めは破天荒で容赦ない駄目出しをする天道に猛反発するが、彼の音楽への深い理解と毒舌だが的確な演奏
指導で奏でる音も含めて変わっていく。

この作品で取り上げられる交響曲は、ベートヴェン「運命」とシューベルトの「未完成」。
音楽の授業で学んだこともあり、演奏会で聴いたこともある余りにも有名な交響楽だが、本作品で改めてその魅力に触れたような気がする。

当たり前のことだが、交響曲は一人では成り立たないし、人々がいても烏合の衆ならば、観衆を感動させるどころか不快にさせてしまう。
「世界で一番美しいものは音楽」という台詞が何度も出てくるが、果たして彼らは天道の指揮のもと、それを生み出すことが出来るのか?

主演でコンサートマスター役の松坂桃李さん、指揮者役の西田敏行さん、映画に初出演でフルート奏者役のmiwaさん、その他、大石吾朗さん、濱田マリさん、古舘寛治さん、モロ師岡さん等の出演者たちの熱い演奏が心を揺さぶる。

特に終盤の演奏会のシーンは、映画館が恰もコンサートホールになったようで圧巻!

破天荒なマエストロを通して、改めてクラシック音楽の魅力を堪能しました。

    ピックアップ

    新着記事