岩田剛典の“王子”なサプライズに高畑充希は涙!『植物図鑑』初日舞台挨拶

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年6月4日、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』公開初日舞台挨拶が丸の内ピカデリーで開催。主演の岩田剛典さん(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、高畑充希さん、、原作者の有川浩さん、三木康一郎監督、そして、主題歌を歌うFlowerのボーカル・鷲尾伶菜さんが登壇しました。

岩田剛典からのサプライズで「点字ブロックがレッドカーペットに見えた」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ともに映画初主演となった岩田剛典さんと高畑充希さん。謎に包まれた植物オタクの青年・樹(いつき)を演じた岩田さんは、撮影中にうれしかったことは?という質問に対し、「有川先生が現場に足を運んでくださって、『いろいろと背負うものを感じているかもしれないけれど、思いきり岩田くんの思うように樹役を演じてください』と声をかけてくださった。原作者の方から、そんなふうに言っていただけて何よりも肩の荷が下りたし、すごく光栄でした」と振り返り、これに対して、有川浩さんも「岩田くんが演じる樹としてこれ以上の正解はない。本当にベストを出してくださったと思う」と、岩田さんの演技を絶賛していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方、ヒロイン・さやかを演じた高畑充希さんは、「クランクアップは、都内から車で3時間くらいのところの駅で朝4時から、樹は2日くらい前にクランクアップしていて、私一人でだったんですけれど、『お疲れ様でした!』ってなったとき、駅の向こうから花束を抱えた樹が歩いてきたんです」という素敵なサプライズがあったことを明かしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この映画さながらの岩田さんの“王子”っぷりに、会場からは黄色い歓喜の悲鳴。「やめろよ」と照れる岩田さんを隣に、高畑さんはさらに「まさに点字ブロックがレッドカーペットに見えて(笑)、撮影で大変だったことや終わった達成感もあり、全員がそろってクランクアップできたことも含めて私はすごく泣いてしまいました」と語りました。撮影が過酷だったことも舞台では明かされていましたが、大変なこと、うれしいことも含めて主演の二人にとって思い出深い作品となったようです。

岩田剛典の印象深くて「恥ずかしい」場面とは?

映画で印象に残っている場面として岩田さんが挙げたのは、ずばり、さやかと樹の“シーツ”のシーン。これにまたもお客さんたちから黄色い悲鳴が上がり、「いいリアクションありがとうございます(笑)」とお礼を言いつつ、岩田さんは「撮影現場ではそこまで恥ずかしいと思いながらお芝居したわけじゃないんですが、実際に仕上がった作品を見たときに『なんて恥ずかしいシーンなんだ。これを全国のみなさんに見られちゃうんだな』とそんな思いもありました」と語りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、こちらのシーンについて、映画を観たお客さんたちに「恥ずかしかった人」「ガン見した人」と挙手を募ったところ、ガン見した人が多い結果となり、「安心しました」とほっとした様子の岩田さんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日、そろって花模様の“植物図鑑”らしい衣装で登場した岩田さんと高畑さん。岩田さんの派手なジャケット姿が「このジャケットを着られるのは、日本に一人」(高畑さん)「古い芸人さんみたいになってますね」(三木監督)など、いじられる場面もありました。

EXILEのメンバーからのLINEに「愛を感じた」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、映画の主題歌にちなんで、やさしさに溢れたエピソードを教えて!という問いに対し、岩田さんは「EXILE TRIBEのグループLINEがありまして、今朝、HIROさんから『公開おめでとうございます。ぜひ観にいかせていただきます』というLINEが来て、そこからどんどんメンバーのLINEが目白押しで、気がついたら10件、20数件…となっていて、愛を感じました」とグループ愛を語り、高畑さんは、「今朝、真っ白なワンピースににんじんジュースをこぼしてシミをつけちゃったんですが、現場入って相談したら、みんなめっちゃ真剣にシミをとってくれて、マネージャーさんがコインランドリーに走ってくれたんです」と、こちらはスタッフの思いやりが溢れる話を披露しました。

“サプライズ”ゲストの鷲尾伶菜が主題歌を熱唱!

やさしさ溢れるエピソードが出たところで、会場にはサプライズ・ゲストが登場。映画の主題歌を歌うFLOWERのボーカル・鷲尾伶菜さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

主題歌の切ないバラード「やさしさで溢れるように」を披露してくれた鷲尾さん。その歌声に涙する人がいる中、「ヤバいですね。僕もあぶなかった」(岩田さん)「撮影していたころの感情をすごく思い出しました。歌詞がびっくりするくらいリンクした歌だから、ぐっときた」(高畑さん)と主演の二人も感激していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、舞台挨拶のラスト、高畑充希さんは「すごく気持ちがぽかぽかする、予想していた以上にあったかい映画になったなと実感して、すごく単純に『宣伝がんばろう』『ヒットしろ!』って思ったんです。だから、バラエティや雑誌など、いろいろな媒体で宣伝をやらせていただいた。でも、私たちの手元に作品があるのは今日までで、このあとは皆さんのものになっていく。心をこめてここまであっためてきたので、どうにかかわいがってもらえればうれしい」と懸命に語りました。

岩田剛典さんは「楽しんでくれましたかー!?」と呼びかけ、さらに「植物―!」「図鑑―!」とお客さんたちとコール&レスポンス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、「自分にとっては初主演の大切な作品。純愛ラブストーリーというだけでなく、日常に根ざす草花のあたたかみや、好きな人と食卓を囲んで暮らしていく幸せなど、当たり前のことに気づかせくれる、まさにやさしさに溢れた作品になったと思う。初日を迎えることができて本当に感動しています。まことにありがとうございました」と締めくくりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
有川浩さん原作の恋愛小説を実写化した映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は、平凡なOLさやか(高畑充希)が彼女の前に突如現れた謎の青年・樹(岩田剛典)と野草や花との触れ合いを通して愛を深めていく大人の“胸キュン”ラブストーリー。現在、大ヒット上映中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

岩田剛典&高畑充希の姿も!Flower「やさしさで溢れるように」MV遂に解禁!

予告解禁!岩田剛典と高畑充希が重ねる唇…『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

岩田剛典&高畑充希W主演の『植物図鑑』胸キュン映像公開

共演キャストも明らかに!映画『植物図鑑』ポスタービジュアル解禁

平野レミが野草を爆速クッキング!? 映画「植物図鑑」公開前イベント

(取材・文:田下愛

© 2016 「植物図鑑」製作委員会

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 小峰克彦
    • 奥浜レイラ
    • 岡部照将
    • apopo
    • 92aki
    • よしかわあやの

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo