あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

メキシコの女性画家・フリーダ・カーロ、彼女をめぐる2つの映画の見どころ

SHARE



一度目にすると、釘付けになる。痛みを感じて目を逸らしたいのに、なぜか吸い寄せられるようにまた見てしまう。メキシコを代表する現代美術の女性画家・フリーダ・カーロの絵には、人の感情をえぐる何かが凝縮されている。

芸術家を一人ずつピックアップし、作品と人生を微細に、かつ鮮明な映像で綴るドキュメンタリー映画『アート・オン・スクリーン』が相次いで公開されている。その一作品である『フリーダ・カーロに魅せられて』(2021.1.29公開)では、女性に人気が高いフリーダ・カーロが登場する。数奇ともいえる彼女の人生を紐解きながら絵に込められた魅惑の秘密を探ることができる。

愛に命を燃やしたフリーダ・カーロってどんな人?



(C)Nickolas Muray Photo Archives


振り返ればあの時がフリーダ・カーロとの接点だった。20数年前、メキシコシティのある美術館に描かれた壁画に対面したとき、圧倒的なスケールと迫力に度肝を抜かれた。それはメキシコ革命に揺れる20世紀初頭に描かれ、のちに岡本太郎も影響を受けたといわれる「メキシコ壁画運動」から生まれた作品である。メキシコ人にとっての革命の意義を文字が識別できない人にも伝わるよう、絵として壁に大きく描き訴えたという。この壁画画家として活躍した一人が、フリーダの夫であったディエコ・リベラであった。さまざまな民衆や文化などが入り混じる壁画には、当時のエネルギーが満ちあふれている。まさしくあの絵の時代のなか、フリーダは命を燃やした。

フリーダは自由奔放で早熟、あふれる愛情と輝かしい美、そして果敢な勇気をもってこの世に生まれた。しかし彼女の人生はいつも波風が立ち、安寧な日などはなかったようだ。「私は生涯に2度、大きな事故に遭いました」と残しているように、10代の時に受けたバスの大事故は、彼女の体に一生痛みを与え続けるほどの障害を刻んだ。また女性関係が絶えることがなかったディエコの度重なる裏切りにより、心に傷を負い続けたのだった。

痛みと孤独を絵に解き放ち、人の感情やタブーを描ききる



 (C)Nickolas Muray Photo Archives


しかしながらフリーダが描く芸術は、皮肉なことに苦痛や孤独から生まれてきたものであった。終わることのない手術と別居を繰り返すディエゴとの生活を続けながら、フリーダは絵を描き続ける。自画像や夫、家族の絵、事故などをモチーフに抱える闇や切なる主張をキャンバスにぶつけていった。

ディエゴはフリーダの才能を早いうちから認めた。政治活動という自分の外側に題材を求めたディエゴは、フリーダの内からあふれる、芸術に心底憧れたのだろう。

 過日のメキシコ訪問中、最後に訪れた美術館ではフリーダの自画像に鮮烈なインパクトを受けた。こちらの心の内の見透かすような強いまなざし。作品の前を素通りすることはできず、また見れば見るほど、胸がざわめき落ち着かなくなる。「あなたはどうなの?」と問いかけられているようなそんな感覚を覚えた。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 映画『フリーダ・カーロに魅せられて』の見どころは?

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録