あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

南沙良、誰しもが無視できないその魅力:「ドラゴン桜」も最終回!「てへっ」


「ドラゴン桜」より ©TBS

→南沙良「ドラゴン桜」の画像ギャラリーへ

[関連記事]「ドラゴン桜」全話感想集(毎話更新)

[関連記事]  鈴鹿央士、異次元級の存在感と魅力

[関連記事] 平手友梨奈、絶対に無視できないその魅力

[関連記事] 志田彩良、凛々しさと優しさ溢れるその魅力

[関連記事] 細田佳央太の恐ろしい演技力


TBS系列で絶賛放映中の「ドラゴン桜」第2シリーズですが、かつての第1シリーズから長澤まさみ、山下智久、新垣結衣、小池徹平、サエコ、中尾明慶といった当時の新進若手俳優が巣立っていったのと同様、今回も東大専科に入った生徒を演じる若手俳優たちには、今後の飛躍の期待が大きく込められています。

その中で、おそらくここ数年の日本映画を見てきたファンならば、早瀬菜緒役の南沙良の存在に注目していない人はほとんどいないことでしょう。

では彼女がいかに銀幕の中で輝き続け、今回の「ドラゴン桜」出演に至ったか、少し振り返ってみることにしたいと思います。

映画デビュー作にして
天性ともいえる演技力を発揮!

 南沙良は2002年6月11日生まれの東京都出身。

2014年よりモデルとしての活動を始め、そして三島有紀子監督の『幼な子われらに生まれ』(17)で映画デビューを果たします。


『幼な子われらに生まれ』 (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

ここで彼女は母と再婚した義父(浅野忠信)につらく当たる長女を、まさに天性ともいえる卓抜した演技力をもって演じて映画ファンの間で話題になるとともに、こうるさい映画マスコミ連中までも大いに唸らせ、第60回ブルーリボン賞新人賞にノミネート。

続く湯浅弘章監督の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18)は、蒔田彩珠とW主演にして映画初主演作となりました。


『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』より (C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


ここでは人前で上手くしゃべることが出来ない自分に悩み苦しみつつも、その歌声の美しさに魅せられた加代(蒔田彩珠)に誘われてバンド活動を始める志乃を演じています。

鼻水を垂らして号泣しながら自分の本音を自身の言葉で主張していくクライマックスの彼女は圧巻で、蒔田とWで第43回報知映画賞新人賞、第33回高崎映画祭最優秀新人女優賞、単独で第61回ブルーリボン賞新人賞、第28回日本映画批評家対象新人女優賞と立て続けに受賞し、改めてその力量が大きく評価されたのでした。

大崎章監督の『無限ファンデーション』(18)は内向的ながらも服飾デザイナーを夢見て演劇部の衣装を担当することになった未来(南沙良)とその周囲の友人たちの交流を描いたもの。


『無限ファンデーション』より

この映画は全編即興芝居で展開されており、南沙良も含めて演じる若手俳優陣のリアルが初々しくも好ましく抽出され映像作家とミュージシャンがコラボする映画イベントの2018年度「MOOSIC LAB」で上映された際に長編部門女優賞を受賞した作品でもありました(ちなみに原案楽曲「未来へ」を歌い、出演もしている西山小雨はベストミュージシャン賞を受賞)。

この後もオムニバス映画『21世紀の女の子』(19)松本花奈監督のパート〈愛はどこにも消えない〉、本木克英監督による『居眠り磐音』(19)は初の時代劇映画出演にして主人公・磐音(松阪桃李)の妹役、羽住英一郎監督『太陽は動かない』(21)では主人公らの若き日のエピソードに登場するヒロインを、廣木隆一監督のネットフリックス映画『彼女』(21)でもヒロイン・レイ(水原希子)の高校時代を演じるなど、コンスタントに映画出演を続けていきます。

坂本欣弘監督による主演映画『もみの家』(20)では、自立支援施設に入居して、そこでのさまざまな人々との出会いから少しずつ成長していく16歳の少女・彩花を好演していました。


『もみの家』より (C)「もみの家」製作委員会

最近ユニークだったのは竹中直人&山田孝之&齋藤工監督『ゾッキ』(21)で、ここでは「おならが臭い」と噂されて学校を休んでしまう京子ちゃん役。


『ゾッキ』より (C)2021「ゾッキ」製作委員会

最後、噂の張本人たる同級生の男の子(本当は彼女のことが好きなのに、いくつになっても男ってバカですね)にマジ切れするときの彼女の表情は、まさに恐怖!でありました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 南沙良を語る際に必須ともいえる「音楽」「歌」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録