あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「TOKYO MER」第6話:小さなヒーローたちの息遣い、息子を救う冬木(※ストーリーネタバレあり)



→「TOKYO MER〜走る救急救命室〜」画像ギャラリーへ

【関連記事】第2話:研修医のミスで危うく解散?部下を育てる先輩たちに感動した回

【関連記事】第3話:「TOKYO MER」が医療従事者に表した敬意|第3話は映画並み、圧巻のスケール!

【関連記事】第4話:元妻にかけた喜多見の言葉とは?チーム一丸となって繋ぐ命のバトン

【関連記事】第5話:音羽が見せた“医師”の顔|医系技官になった理由も明らかに

2021年7月4日から放送されるTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」。鈴木亮平が主演を務め、中条あやみ、賀来賢人、菜々緒、小手伸也、佐野勇斗、石田ゆり子、要潤と豪華キャストが集結している。

「TOKYO MER」=「Mobile Emergency Room」で、文字通り動く救命救急室が描かれる。

本記事では、第6話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話レビュー

第5話で官僚としての自分の立場ではなく、医師として患者の命を救った音羽(賀来賢人)。しかし、赤塚(石田ゆり子)を失脚させたい白金(渡辺真起子)はまだ諦めておらず、今度はMERのメンバーをバラバラにしてミスを誘発させろと音羽に命令する。

これまでの出動で、MERの“指示灯”となってきた喜多見(鈴木亮平)。海外の紛争地やへき地での医療従事経験があり、判断力に優れた彼がいたからこそMERは「死者ゼロ」という目的を達成してきた。そのため、白金の思惑に音羽は不安げな表情を浮かべる音羽。そんな彼に喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)が「誰にだってできることはある」と声をかける。今週はその言葉通り、MERのメンバーそれぞれの活躍が光る回となった。

「TOKYO MER」第6話では、18人の小学生が山中で疾走する事件が発生。MERは喜多見・冬木(小手伸也)、音羽・ホアン(フォンチー)、弦巻(中条あやみ)・蔵前(菜々緒)・徳丸(佐野勇斗)の3チームに分かれて救助に当たる。それぞれの冷静な判断力が必要とされる現場に漂ういつも以上の緊張感。ただMERのメンバーは喜多見のもとで、確実に成長を遂げていた。

研修医でありながらMERのメンバーに選任された弦巻は、命の危機に晒された子どものオペをその場で開始。当初は喜多見の指示を仰ぐだけだったが、見違えるほど頼もしくなった彼女の行動には少しの迷いもない。目の前の命を救うことに全力を注ぐ喜多見に影響されたのだろう。

一方、熱中症の子どもたちに使う点滴が足らず、ピンチに陥った喜多見を救ったのはメカオタクの徳丸だ。なぜか重装備でやってきた彼は広い山間部での救助を想定し、離れていても必要な薬剤を届けられるドローンを持ってきていた。また、母国のために日本で看護技術を学ぶホアンは自らの危険を顧みず、スズメバチに刺された救助隊員を救う。

ただ純粋に「人の命を救いたい」と医師を志した弦巻をMERのメンバーに選任した喜多見。経験や技術だけではなく、それぞれが何らかの理由で彼に選ばれている。まだまだ未熟なところはあるかもしれないが、誰一人として欠かすことはできない。

しかしただ一人、冬木だけは自分に自信を持てないでいた。彼は別居状態にある息子に尊敬されたくて、「MERの副チーフ」だと嘘をついたという。そんな時、行方不明になった子どもの一人に冬木の息子がいることが判明。しかも息子は一度スズメバチに刺された時に蜂毒アレルギーを持っていることが分かっており、二度目に刺されると重篤率が格段に上がってしまう。パニックに陥り、単独行動を取ろうとする冬木。そんな彼に、同じ幼い子どもを持つ母親として蔵前が冷静な言葉をかける場面もいい。落ち着いて見えるが、胸には熱い思いがあり肝が据わっている。

そして蔵前をはじめ、周りのサポートのおかげで冷静さを取り戻した冬木はあることを思い出す。冬木は息子に、もしハチに刺されたら蜂毒を絞り出し、水で洗うようにアドバイスしていたのだ。水場を捜索した冬木は無事に息子を発見。自身もハチに刺され、危険な状態に陥ったが、麻酔科医として一人の患者である息子の命を守りきった。

今週は特にGReeeeNが歌う主題歌「アカリ」の、<君は僕の世界守るヒーロー>というワンフレーズが心に響く。幼い頃にみんなが憧れた人々を救うヒーロー。大人になりヒーローになれなかった現実を嘆くこともあるが、実は誰もが誰かのヒーローだったりする。冬木は副チーフじゃなくてもオペ室で患者の命を守り、そんな彼の息子は幼いながらにパパに教わった対処法で同級生のピンチを救った。MERのメンバーはもちろん、いつも彼らの活動をサポートしている駒場(橋本さとし)も赤塚からMERの未来を託されたヒーローだ。第6話は今日もどこかで私たちの世界を守り続ける小さなヒーローたちの息遣いを感じる回となった。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話ストーリー



18人の小学生が山中で突如として失踪する謎の事件が発生。現場に向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木亮平)は、子供たちを捜索し、治療するためメンバーを分散する決断をする。これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバー達は、バラバラに闘うことに…。

音羽尚(賀来賢人)や弦巻比奈(中条あやみ)は原因不明の重症に陥った子供たちの治療に苦慮する中、喜多見も必死に処置に当たるが、必要な薬剤が全く足りない…!なす術のない喜多見に、最大の危機が襲いかかる!

(文:苫とり子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録