あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<検証>東出昌大は、(あらゆる意味で)人を引きつける天才か否か


(C)2021 C&Iエンタテインメント

函館シネマアイリス25周年記念作品『草の響き』で3年ぶりの主演を張る、俳優・東出昌大

2021.11.5公開『ボクたちはみんな大人になれなかった』、2022.1.14公開『コンフィデンスマンJP 英雄編』など、話題作にも続々出演予定。いよいよ本格復帰か…という今、別ベクトルでも話題に。もはや、事あるごとに人を引きつける天才なのかもしれない。

演技以外のところでの悪評が目立ってしまっているが、改めて”東出昌大”という男と向き合ってみるいいタイミングとも言える。


(C)2021 HAKODATE CINEMA IRIS

先日、早速『草の響き』を観に行ったが、人として、俳優として成長した姿が垣間見え、これまでとは一味違った東出昌大を魅せつけられた。

東出昌大の演技と言えば、あまり感情の起伏が見られず良くも悪くも一定で「心ここにあらず」感が否めない部分があった。この要素が功を奏するときもあり、ドラマ『あなたのことはそれほど』で不倫”される側”となり嫉妬に狂う旦那・良太を演じた際にはその怪演っぷりで話題となった。

『草の響き』では、自律神経失調症を患い苦悩する一人の男の姿を見事、映し出していた。そう、”演じていた”ではなく”映し出していた”のだ。今の東出昌大だからこそ滲み出る葛藤や哀愁、それらを振り切るように走り続けるその姿に胸を打たれた。

今こそ、俳優・東出昌大を追いかけるべきだ。

ここからは、東出昌大が演じるからこそ際立つ”サイコパスさ”と”クズさ”を存分に楽しめる過去作・2作品について語らせてほしい。

→画像ギャラリーへ

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 衝撃の話題作、観れば観るほど深みにハマる『寝ても覚めても』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録