あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「相棒 season20」第5話レビュー:全てを見ていた“亀”と右京の“手の焼ける亀”とは?(※ストーリーネタバレあり)


「相棒 season20」画像ギャラリーへ

【関連記事】
「相棒 season20」第1話レビュー:謎の死は“口封じ”?因縁の相手に立ち向かう特命係(※ストーリーネタバレあり)

【関連記事】
「相棒 season20」第2話レビュー:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ストーリーネタバレあり)

【関連記事】
「相棒 season20」第3話レビュー:戦いに決着!右京の心に生き続ける小野田公顕(※ストーリーネタバレあり)

【関連記事】
「相棒 season20」第4話レビュー:陣川が久々登場!熱き友情の事件簿(※ストーリーネタバレあり)

シーズン20作目となる「相棒」が、2021年10月13日(水)にスタートした。

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘によるタッグは今作で7シーズン目に突入。
前作「相棒 season19」で全4話に連なって描かれた壮大な事件の闇がついに明かされ、冠城逮捕という衝撃の幕開けに。

本記事では、その第5話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「相棒 season20」第5話レビュー


2か月前に失踪した元刑事・水木の娘とアパートで死亡した警備員の男。二人の繋がりを教えてくれたのは、事件の全てを見ていた一匹の亀だった。

首を吊って亡くなっていた紅林という男。一見自殺のようだが、後頭部に傷があり部屋には指紋をふき取った痕跡。中から施錠され密室殺人が疑われる状況。そして、飼っていたらしい亀がいた。

なぜかこの亀にかなり興味を示す右京。「亀は日光浴が必要」と自ら水槽を運んだり紅林のスマホに残る亀の動画を「とても面白いです」と見入ったりする。好奇心の強い彼だが、これほど動物や生物が好きだったろうか?と、若干疑問を感じた。

再びアパートを訪れた右京たちは、一人の刑事と会う。彼は水木の元部下。ネットで紅林の部屋に女性が監禁されている…という趣旨の書き込みがあり、娘の沙也加ではないかと疑った水木は独断で家宅捜査を行ったという。


そんな中、紅林と同じ警備会社に勤める女性がアパートを訪れていたのが判明。かつて紅林と恋愛関係にあった彼女は合鍵を返しに行ったが、不在だったので窓の桟に置いていった。つまり家に入る方法があり、密室殺人ではなかったということだ。

紅林の隣に住むのは、引きこもりをしている卓司とその母親。事件現場に最も近い部屋で日中過ごす卓司から話を聞こうと考える右京たち。しかし、母親の富士子は「あたしが言ったくらいで出てくるような子なら、どんなに楽か」ととりあわない。長年引きこもる息子のために80歳過ぎだというのに工場で働く彼女。「拳銃でもなんでも突きつけてあの子を逮捕すりゃいいだろ。その方がせいせいするよ」という言葉から悲痛さが伝わってくる。右京たちはアパートのドアをノックして卓司にじかに呼びかけもしたが、彼が出てくることはなかった。

その後、改めて紅林の部屋を調べる右京たち。またも亀を気にする右京だったが、亀の歩く床を見てあることに気づく。床に木目の敷物が敷かれていたのだ。敷物をはがすと床下収納があり血痕が見つかった。

血痕は沙也加のもの。やはり彼女は紅林に監禁されていたのだ。そして、事件の夜に女性を背負った不審な人影がいた。捜査一課の伊丹らは、紅林を殺して娘を運んだのでは…と水木に疑いをかける。しかし、解剖の結果、そもそも他殺ではないと判明。さらに、水木にはアリバイもあった。

沙也加を連れ去ったのは誰なのか? 「こてまり」で頭をめぐらす右京と冠城。そこへ青木から電話。いつもの調子で嫌味を並べつつも重要な情報を送ってきた。その後、「俺もそっちへ行くから、ビールくらい飲ませろ」とねだった青木。しかし、冠城に「今そっち行くから」と言われてしまう。ちょっとだけ彼が気の毒に思えた。たぶん、右京たちと飲んで褒めてもらいたかったんじゃないだろうか。

そして、右京たちは富士子と水木の前で事件の真実を明らかにした。

青木が調べたところ、ネットの書き込みの主は卓司。彼は沙也加の監禁に気づいていたのだ。ただ、沙也加を部屋から救い出したのは卓司ではなく富士子だった。

家から出ない息子を案じてきた富士子。彼女にとって娘を思う水木の親心は他人事ではなかった。例の合鍵を使って部屋に入った富士子は、沙也加を救い出す際に紅林を殴打。その後、監禁が露見するのを恐れて紅林は自殺した。そして、現場の凶器や指紋を始末したのが水木。救出した娘の変わり果てた姿を見た彼は、監禁事件をなかったことにできれば…と考えたのだった。

「巻き込んでしまって申し訳ない」と謝る水木。彼に富士子は次のように語った。

「親ならみんなあんたと同じように思ってる。子どもが不幸なのはみんな自分が至らなかったからじゃないかって」

「周りに何と言われようが、子どものためになることなら何だってやってやりたい。どんな苦労だって甘んじて受けてやりたい。そう思うのは当たり前のことじゃないか。あたしはもう一度頼まれたってまた同じことをするよ」

この場面、ベテラン女優・草村礼子の演技が秀逸で、富士子の思いが痛いほど心に響いた。確かに彼らのしたことは罪と呼ばれるもの。でも、その奥には尊い愛情があった。

結局、捜査一課に連行される水木と富士子。しかし、彼らが車に乗ろうとしたときにアパートの扉が開いた。卓司が部屋から出てきたのだ。彼もやっと母の思いを受けとめたのだろう。

今回妙に亀に執心だった右京。ただ、その理由は途中でわかった。茉梨から「以前亀を飼ってらしたことが?」と聞かれた右京は、「はい。それはそれは手の焼ける亀でしてね」と答えていた。

右京のそばにいた“手の焼ける亀”とは、おそらくあの初代相棒。亀を見守りながら、きっと彼のことを思い出していたのだろう。

「相棒 season20」第5話ストーリー

角田(山西惇)は、水木(伊藤洋三郎)という顔見知りの元刑事が、落ち込んでいる姿を見掛ける。水木は、2か月前から行方不明になっている大学生の娘を探すため、警察官でありながらネットで情報提供を呼び掛け、問題になった人物。しかも、寄せられた情報は冷やかしばかりで、本人は騒動の責任を取って辞職していた。そんな中、警備員の男が、施錠されたアパートの自室で首を吊って死んでいるのが発見される。状況的には自殺だったが、外傷がある上、室内の指紋が不自然に拭き取られていたことから、“密室殺人”も疑われた。そして、この事件の一部始終を見ていたのは、なんと飼っていた“亀”だった!事件に興味を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が聞き込みをすると、隣に住む三宅富士子(草村礼子)という老婦人には、部屋から出ない息子がいると判明。日中、部屋にいるその男性が、何か聞いている可能性もあるが、話を聞くことさえできない。翌日、捜査を続けていた右京と亘は、現場付近で怪しげな男を発見。捕まえて事情を聞くと、男は水木の元部下の刑事で、警備員の男が亡くなった部屋を、非公式に家宅捜索していたと語る。そんな無茶をしたのは、問題の部屋に女性が監禁されているというネットの書き込みがあったからだというが…!?

絡み合う女子大生失踪事件と警備員の死
不可解な“密室”には驚きのカラクリが!?
特命係が、現代の悲しき闇に光を当てる!

(文:田下愛)


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「相棒 season20」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)テレビ朝日