あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「相棒 season20」第6話レビュー:ペンで人を殺せるのか…?作家が仕掛けた復讐劇の顛末(※ストーリーネタバレあり)


「相棒 season20」画像ギャラリーへ

【関連記事】「相棒 season20」第1話レビュー:謎の死は“口封じ”?因縁の相手に立ち向かう特命係

【関連記事】「相棒 season20」第2話レビュー:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!

【関連記事】「相棒 season20」第3話レビュー:戦いに決着!右京の心に生き続ける小野田公顕

【関連記事】「相棒 season20」第4話レビュー:陣川が久々登場!熱き友情の事件簿

【関連記事】「相棒 season20」第5話レビュー:全てを見ていた“亀”と右京の“手の焼ける亀”とは?

シーズン20作目となる「相棒」が、2021年10月13日(水)にスタートした。

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘によるタッグは今作で7シーズン目に突入。
前作「相棒 season19」で全4話に連なって描かれた壮大な事件の闇がついに明かされ、冠城逮捕という衝撃の幕開けに。

本記事では、その第6話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「相棒 season20」第6話レビュー



「ペンは剣よりも強し」という言葉がある。人が書く言葉は時に雄弁な影響力となり、時に誰かを刺す鋭敏な刃物になるときもあるだろう。

今回の「相棒」は、「ペンで人を殺せるか」を試みた作家の物語だった。

殺害された小説家の福山(菅原大吉)。彼は22年前に娘を殺され、当時10代だった犯人=少年Aは少年院に送られるが後に更生していた。

福山の作品には「関ヶ原の合戦の西軍の武将」など、特定の括りを使って登場人物に名前をつける“マイルール”があり、それはファンたちの間でも知られていた。ただ、連載中の小説には、「川上」という同じ名字の人物が二人。さすがに不自然だ。さらに、同作品で謎の犯人「アンノウン」に最初に殺される少女が福山の娘と同じ「しおり」という名前。もしやこの小説は22年前の事実を元に書かれたのでは?と、右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)は睨んでいく。

少年Aの行方を求めて少年院を訪れる右京たち。法務教官の三上(大川ヒロキ)は社会復帰した者の居場所は教えられないと口を閉ざす。しかし、右京は得意の「最後に一つだけ」で、過去に福山が情報を求めて少年院に来たことを聞きだした。

その後、特命係は少年A=村上健一(斉藤悠)の住所を突き止める。村上が住む住宅街を訪れて右京と冠城が目にしたのは、「川上」の表札の2軒の家。調べていくと、近隣の表札名はみな福山の小説の登場人物。例のマイルールはここにあったのだ。そして、右京は村上の自宅前で村上本人と対面。福山の小説の名を聞いた彼はその場を逃げ出してしまう。

伊丹(川原和久)らの取り調べを受ける村上。そこで、福山が小説を連載している雑誌を定期的に村上の元に届けていた事実が判明。小説を読んだ村上は、登場人物がすべて近所の表札だと気づいて怯えていた。小説のマイルールを知る読者は、いずれ村上の家にたどりつく。その頃合いを狙って福山が小説に出てくる「しおり」は殺された娘の名だと言及すれば、その意図もまた確実に読者たちに伝わるからだ。これこそが福山の仕掛けた復讐劇だった。

ペンを武器に憎い相手を追い詰めた福山。正直筆者は彼の行いに戸惑いを覚えた。娘を奪われた悲しみが決して拭えないのはわかるし、村上が取り返しのつかない罪を犯したのも事実。しかし、だからといってこのような形で無念を晴らしていいものなのか?と、そこは疑問に思えてならなかった。

小説に名前が出るのを恐れて福山を殺害したのでは…と伊丹に迫られ、犯行を認める村上。ただ、彼の様子は少しおかしい。現場から消えた最終回の原稿についても「どこかに捨てました」とあやふやな発言をする。このあたりで、筆者は村上が犯人とはどうにも思えなくなってきた。もはや正常な判断ができず、やってもいないことを自分の罪にしてしまっているような感じがあった。

右京も村上の言葉にひっかかったらしく、彼の妻・由梨(佐久間麻由)を訪ねる。彼女は一か月程前、夫婦で経営するレストランに福山が来店したのを明かす。村上を前に怒りをあらわにしていく福山に必死で頭を下げた由梨。その夜夫が「死ぬしかない」と口にしたので、以来目を離さず、事件当日も彼は家にいたと証言した。

そして、右京は気がついた。村上以外にも福山の小説に怯える人物がいたことに。それは法務教官の三上。福山が少年院に来た際、実は情にほだされて村上の情報を教えた彼こそが福山を殺した犯人だった。

小説を読んで自分が個人情報を漏らしたのがばれるのを恐れて福山に談判しにいった三上。しかし、「あんたが心配しているのは彼(村上)のことじゃなくて、自分のことかな」と言う福山につかみかかり殺害してしまったのだった。

福山が書き上げた最終回の原稿を奪った三上。しかし、中身を読んで燃やすことなどできなかったという。書かれていた内容、それは「アンノウン」が罪を認めて火に飛び込み、主人公の刑事もまた罪と一緒に燃えつきていく…という結末だった。

「ペンで人を殺せると思う」と語っていた福山。しかし、結局村上の名前を明かすことはなかった。彼を思いとどまらせたのは、おそらく夫を懸命に庇った由梨の姿。右京も言っていたが、殺したいほど憎む相手にも守ろうとする家族がいると彼は知った。だからこそ、ペンを剣として振りかざすのをやめ、代わりに憎しみをペンで昇華させていったのだろう。


「相棒 season20」第6話ストーリー

福山光一郎(菅原大吉)というベストセラー作家が、一人暮らしの自宅で刺殺された。警察は、もろもろの状況から強盗殺人の線で捜査を開始。いっぽう右京(水谷豊)は、現場から新作の最終回の原稿が消えていることに疑問を抱く。その小説は、少女殺害事件の捜査にあたる老刑事が、正体不明の犯人を執念で追い詰めていくストーリーらしいのだが…。版元の編集者から話を聞いた右京と亘(反町隆史)は、新作の掲載を前に、福山が突然、出版社を乗り換えていたことを知る。さらに、福山は自著で、『小説が完結した時、失われた真実があぶりだされるだろう』という、謎めいた発言をしていた。捜査を進めると、22年前、福山は、ある重大事件に巻き込まれていたことが判明。右京は、その事件と問題の小説に、共通点が存在していることに気づく。

未完小説に仕掛けられた“ルール”とは
読み解く鍵は、22年前に起きた凶悪事件に!?
右京の推理が時を超え、驚きの真実を導き出す!

(文:田下愛)


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「相棒 season20」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)テレビ朝日