あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

Snow Man岩本照の魅力:ギャップで魅せるリーダー


3rdまでのシングルはミリオン達成、2021年9月に発売したアルバムも今年最高の初週売り上げ&男性グループの1stアルバムの初週売り上げ歴代2位と、2021年も飛ぶ鳥を落とす勢いだったSnow Man。年末には念願の紅白歌合戦初出場を果たす。

また2021年12月28日に放送されるSASUKEには、昨年初めてファーストステージをクリアしたリーダー、岩本照が5年連続で出場する。本記事では、岩本照の魅力についてお伝えしたい。

【関連記事】<Snow Manの太陽> 佐久間大介の魅力

【関連記事<Snow Manのでっかい末っ子>ラウールの魅力

【関連記事】Snow Man、阿部亮平「7つ」の魅力

頼れるリーダー


Snow Manのリーダーであり、TV出演の際はメンバーを代表して挨拶やコメントすることも多い。全力でふざけるメンバーたちをちょっと引いて見つつまとめる。公式YouTubeのJr.チャンネル卒業回では自ら運転し、部屋に入るなりプロレス(?)するメンバーの盛り上がりが落ち着くのを待ってから「はい、浴衣配るよ~」と引率の先生のように声をかける姿がリーダーっぽくてよかった。

ダンス


岩本くんの魅力のひとつはダンスだろう。6歳からダンスを始め、ダンスを仕事にするならジャニーズだと自分で履歴書を送ったという。ダンスがうまいメンバーが多いSnow Manの中でも、注目されるメンバーの一人だ。筆者はダンスについて詳しいわけではないのであくまで個人的な感想だが、岩本くんのダンスは体幹がしっかりしていて、動きに無駄がない。激しくアピールするわけではないけれど、しっかりキメている。



例えば映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』劇中歌の「Black Gold」Dance Practiceではダンスに定評のある佐久間・ラウール・岩本・宮舘が前列で踊るシーンが多いのだが、それぞれに特徴があってみんな上手いので、岩本くんのダンスの特徴もわかると思うし誰のダンスが好きか見てみてほしい。

振り付けを多数担当



岩本くんはJr.時代から、多くの曲の振り付けを担当している。例えばNHKのシブヤノオトリクエストLIVEで1位となった「Party! Party! Party!」やデビュー曲D.D.のカップリング「Crazy F-R-E-S-H Beat」、ファーストアルバムのリード曲「EVOLITION」も彼の振り付けだ。



「こういう動きを入れたい」という願望よりも、全体で見えたときどう見えるか、一人一人の動きやこの人数がどう活きるかを軸に考えられた振り付けは、毎回新鮮だ。ちょっと変わった動きや一見こともなげに踊っているように見えるがめちゃくちゃ難しい動きも多く、欅坂46などの振り付けで有名なTAKAHIRO氏をはじめ、プロのダンサーからも注目を集めている。

Snow Manのの楽曲やステージをよりかっこよく、面白くしてくれる彼の振り付けがどう進化していくのか、今後も楽しみだ!

体脂肪率5%、SASUKE5年連続出場、雑誌Tarzanの表紙&連載……筋肉への熱いこだわり



「体脂肪率5%」「SASUKEの人」「筋肉の人」と彼を認識している人も多いかもしれない。ジムに通って身体を鍛え、アスリート顔負けの肉体美を誇っている。2021年の出場が連続5回目となるSASUKEへの思いは強く、昨年は初めてファーストステージをクリアし、男泣きした。

筋トレは手の皮がはがれるまで行い、最近筋トレしている部分を聞かれ「指をいじめている」と答え、筋肉痛を「プレゼントが届く」と表現するなど、もはやちょっと変態が入っている。

チョコレートとタピオカが大好きな甘党


体脂肪率4%とどう両立しているのかいまだに意味がよくわからないが、筋トレに励む一方で、甘いものに目がない甘党でもある。特にチョコレートとタピオカへの愛は大きく、行きつけのタピオカ屋が複数ある様子。

シルバニアファミリーが好き


先輩である滝沢くんにプレゼントされたことをきっかけにシルバニアファミリーにハマり、お人形たちをメンバーに見立てて振り付けやアクロバットを考えるのだという。身長180センチオーバーのコワモテなマッチョがシルバニアをせっせと動かしている様子、想像するとシュールだけどかわいすぎる。

ビビリ


いかつい見た目とは裏腹に、めちゃくちゃ怖がりのビビリである。特に公式YouTubeでのお化け屋敷企画では激しいビビりっぷりを披露し、「Mr.お化け屋敷」という異名をつけられシリーズ化までしている。



初回は動画開始時からいつになくテンションが低く、浮かない顔をしている岩本くん。ビビリを克服してもらおうという目的で行われたこの企画、自撮り用のカメラとちょうちんを渡されて一人で入る羽目に。駄々をこねるが「2歳から入れるから」とメンバーが言うタイミングが秀逸すぎる。

ほぼ入ってすぐから高い悲鳴をあげ、自撮りカメラにはほとんど壁と帽子しか映っていない。少し後ろを他のメンバーたちがついていったのだが、お化け屋敷じゅうに響く悲鳴で爆笑されていた。

怖さのあまり後半は泣いたり叫んだりしながら猛スピードで進み、メンバーも気配を感じられなくなる。最後は猛ダッシュで外へで、道端に転がり込んで「怖かった……!」と言って泣いていた。かわいいかよ。申し訳ないけどめちゃくちゃ笑ってしまう。

「Mr.お化け屋敷」シリーズは数本出ており、彼の成長を楽しめるので、未見の方はぜひチェックしてほしい。ちなみに虫も大嫌いで「それSnow Manにやらせてください」のキャンプ回虫取りゲームでは同じチームの佐久間くんに取ってもらっていた。

だが、先日TBS「アイ・アム・冒険少年」のバラエティー「脱出島」では状況を楽しみ無事に脱出。ファンの予想をいい意味で裏切って感動させてくれた。

かわいい


一見コワモテだけど、笑うと目がなくなって目じりにしわができ、すごい優しい顔になってかわいい。みんなをまとめるしっかり者だけど、反面ちょいちょい子どもみたいに拗ねるところがあってかわいい。シルバニアや甘いもの好きも相まって、一部のファンに「中身は幼女」と言われるのも納得だ。

ここまででお気づきだろうが、ギャップがとんでもない人なのだ。ストイックでかわいい岩本くんが、2021年のSASUKEでどう活躍するのか。そして、2022年は個人、そしてグループでどんな野望を叶えるのか、ものすごく楽しみだ。

(文:ぐみ)

【関連記事】<Snow Manの太陽> 佐久間大介の魅力

【関連記事<Snow Manのでっかい末っ子>ラウールの魅力

【関連記事】Snow Man、阿部亮平「7つ」の魅力

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録