あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ドクターホワイト」第6話レビュー:どうしてもCDTを解散させたい 真壁外科部長は諦めない(※ストーリーネタバレあり)


>>>「ドクターホワイト」の画像を全て見る(全4点)

浜辺美波が主演するドラマ「ドクターホワイト」が2022年1月17日放映スタートした。

樹林伸の小説を原作とする本作は、浜辺演じる豊富な医療知識を持つ正体不明の女性・雪村白夜が、現役医師の誤診を正していく医療ミステリー。共演は柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁、高橋努、高橋光臣、勝地涼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)ら。

本記事では、第6話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由

「ドクターホワイト」第6話レビュー



AI診断チーム・JMAとの診断対決に勝利したCDT。しかし、いまだ解散の危機があった。外科部長・真壁(小手伸也)はどうにかしてCDTと潰そうと画策する。今度は内部から崩壊させようとあれこれちょっかいをかけ始める。
脳神経外科医の仙道(高橋努)には次期・外科部長の座を、皮膚科医の夏樹(勝地涼)にはJMAから誘いをかけさせる。更に、CDTの解散=職がなくなると思った精神科医の西島(片桐仁)はほかの病院への移籍を考え始める。まだ始まったばかりのCDT、絆と言えるほど強いものはないのかもしれない。

そんな矢先、白夜(浜辺美波)もJMA代表の藤島(安井順平)から自宅に招かれ、JMAに移籍しないかと持ち掛ける。白夜、CDTのみんなことは大好きだけど、医療に関することになると夢中になってしまうのでどうなる……!?と思っていた矢先、藤島の息子の誠が階段から転落、意識を失ってしまう。
誠は強打した頭ではなく、腹部が痛いと言い出す。診断が確定しない中、CDTはまとまりを見せられず、顔を合わせれば険悪な雰囲気になる……という最悪の状態に。
JMAとしては、CDTに診断を先を越されてはかなわない。しかし、白夜も頭を悩ませる誠の病状に、なかなか診断は確定されず……。

誰がどこに移籍するかとか、誰がCDTを抜けるだとか、そういう事実は実はどうでもよくって、問題なのは「移籍(脱退)するのではないか?」という疑いのまなざし。相手のことを疑ってしまうし、疑い始めると何も信じられなくなる。敵の狙いはまさにそこで、CDTが解散さえすれば、相手がどうなろうと知ったこっちゃない、という話である。しかし、CDTのメンバーは相手の目論見はなんとなくわかりつつも、その作戦にまんまとハマッてしまう。病院に居場所がなくなるかもしれない、という危機感がそうさせるのだろう。

だからこそ、白夜の「何を企んでいようがどうでもいい」「患者の命を救いたいだけ」という一言は爽快。確かに「目の前で患者が苦しんでいるのに利権争いでゴチャゴチャ言っているんじゃないよ!」という話である。
ハッとしたCDTは再び力を合わせて誠の診断確定のために動き出す。
CDTが正しい診断を導き出せるのは、白夜に先入観がないからだろう。「そんなことはあり得ない」を考えず、「こういう可能性がある」という視点から証拠を確認していく。
先入観という点については白夜が初回から言っていることだ。でも、それが人間らしいんだよな……という気もする。

無事に誠を救えた白夜たちだったが、今回はラストに衝撃的な一言が。
「次の誕生日までは生きられない」
その言葉の真意とは?

(文:ふくだりょうこ)


【関連記事】<ドクターホワイト>最終回まで全話の解説

【関連記事】<彼女はキレイだった>最終回まで全話の解説

【関連記事】『真夜中乙女戦争』、原作映画化が大成功した「2つ」の理由


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ドクターホワイト」第6話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録