あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『愛なのに』『猫は逃げた』城定秀夫×今泉力哉両監督のユニークなコラボ2作品!



>>>『愛なのに』『猫は逃げた』画像を全て見る(8点)

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

映画監督同士のコラボレーションは今に始まったわけではなく、昔からよく行われてきた試みではありますが、ここにまたひとつ、実にユニークなコラボが実現しました。

城定秀夫監督と今泉力哉監督、現代日本映画を愛する者であれば「ハッ」となる、そんなふたりのコラボ“L/R15”プロジェクトがいよいよお披露目!

これは即ち、城定&今泉両監督がお互いの脚本を提供し合い、R15⁺のLOVE STORYを発表しようというものなのです!

>>>【関連】『愛なのに』さとうほなみインタビュー:結婚前の物憂げな女性を演じてみて

>>>【関連】<河合優実インタビュー>『愛なのに』で演じた女子高生を語る

>>>【関連】瀬戸康史インタビュー:『愛なのに』で愛に翻弄される古本屋店主に

今泉脚本&城定監督の『愛なのに』



まず、両監督のプロフィールをざっと記しておきましょう。

城定秀夫監督は1975年生まれで、2003年に『味見したい人妻たち(押し入れ)』で映画監督デビューし、ピンク大賞新人賞を受賞。以後数々のピンク映画やVシネマ、劇場用映画と、ジャンルの枠を優に超えた作品をこれまで100本以上も監督しながら、着実に映画ファンの支持を集めていき始め、2016~19年まで4年連続ピンク大賞作品賞を受賞。そして2020年、『性の劇薬』と『アルプススタンドのはしの方』の2作品でその実力は確固として映画ファンに広く知られることになりました。

今泉力哉監督は1981年生まれで、2010年に『たまの映画』で監督デビューし、2013年の『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞を受賞し、注目を集めていきます。特に2019年の『愛がなんだ』が大ヒットを記録したことで映画ファンの支持は決定的なものとなり、その後も『アイネクライネナハトムジーク』(19)『mellow』『his(20)と精力的に作品を発表。2021年も『あの頃。』『街の上で』『かそけきサンカヨウ』と立て続けに新作が公開されました。



そして、そんな二人が織り成す“L/R15”第1弾として2月25日より公開となったのが、今泉力哉・脚本、城定秀夫・監督(共同脚本も)による『愛なのに』です。

どこか淡々とした日々を過ごしていた古本屋の若き店主・多田(瀬戸康史)が、店に日参する女子高生・岬(河合優実)からプロポーズされたかと思うと、多田が密かに想い続けている一花(さとうほなみ)が結婚するとの連絡を受け、しかしその婚約者(中島歩)は愛人(向里祐香)がいて、さらには岬にぞっこんの同級生(丈太郎)が多田にライバル意識を燃やしてきたり……。

いやはや、愛とはどうしてかくも複雑な絡まり合いしかしてくれないのか……と、結構誰しも大なり小なり経験あるような不器用な恋のやり取りが、切なく、時にコミカルに展開されてきます。



主人公が古本屋の店長という設定は今泉監督作品『街の上で』とも連携しているようでもあり、確かにこの作品、これまでの今泉監督作品に顕著な、熱血ともシラケとも無縁な、決して低温気質ではないけれど熱くもない、一見淡々とした風情の中から、感情をどう露にしていけばよいのかわからないキャラクターがいっぱい登場します。

そして、そんな今泉キャラとそのドラマ展開に数滴の切ない優しさを加味してくれているのが、城定監督の演出といっても過言ではないでしょう。

城定監督作品の基本は弱者やマイノリティに対する優しさであり、その結末がハッピーであろうがアンハッピーであろうが何ら変わることはありません。



城定作品は総じて情感豊かであり、今泉作品はドライなのに不思議な温かみがありますが、その伝で申すと本作は「程良い暑さの乾式サウナの熱した石に時折冷水をかけて、適度の湿り気を与えてくれている」ような、そんな仕上がりになっているように思えてなりません。

キャストでは、主演の瀬戸康史は淡々とした内側に秘めた複雑な感情を自然体で表現し得ています。

さとうほなみ、向里祐香ら女優陣もそれぞれ印象深い存在感を披露しており、特に岬役の河合優実は昨年の『サマーフィルムにのって』『由布子の天秤』そして今年の『ちょっと思い出しただけ』と、どの作品を見ても同じ顔を見せない頼もしさで異彩を放っており、当然本作も例外ではありません。
(4月1日公開予定の城定監督の新作にして怪作にして傑作『女子高生に殺されたい』でも好演しています)
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 城定脚本&今泉監督の『猫は逃げた』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録