あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ダークな“大泉洋”を楽しめる作品たち|「全部、大泉のせい」



「鎌倉殿の13人」(C)NHK

ここ数週間のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は陰鬱な展開が続いています。

坂東の巨頭・上総広常、平家を京都から追い払った木曾義仲とその子供の義高という“いい人”が時代の奔流に飲み込まれ命を落としました。さらに、平家打倒の立役者・源義経もまた消える。

これらすべてある男の思惑によることです。その男とは源頼朝、演じるのは大泉洋

あまりにも頼朝によって多くの人の運命が左右されることから、小栗旬がリハーサル中のマスクに「全部、大泉のせい」と書いたほどです。

そこで今回は実は意外と“ダークサイド”も演じていた大泉洋をピックアップします。

※一部作品のネタバレや歴史的事象に基づいたネタバレ要素があります。

>>>【関連記事】「鎌倉殿の13人」の、イケオジたちの魅力にむせ返れ!

>>>【関連記事】「菅田将暉、ヤバい」と思った映画3選

>>>【関連記事】<青木崇高>ワイルド&クールな魅力を紐解く

基本は、あくまでもご陽気な人



大泉洋は学生時代に「水曜どうでしょう」に出演して地元北海道で大ブレイク。

「水曜どうでしょう」が全国に番組販売されるのに合わせて認知度が全国に拡がり、東京に本格進出、2005年のドラマ「救命病棟24時」で全国放送レギュラー出演を果たすと、以降「ハケンの品格」「暴れん坊ママ」「ラッキーセブン」など話題作に連投、日曜劇場「ノーサイドゲーム」では主演を張りました。

NHK大河ドラマも「鎌倉殿の13人」の前に「龍馬伝」「真田丸」に出演済みです。

番宣で出演したバラエティ番組や情報番組では、「水曜どうでしょう」で培ったものか、はたまた天性の持ち合わせたものか、芸人顔負けの明るさとユーモア、時に強烈なツッコミを交えて大活躍しています。

>>>【関連記事】「水曜どうでしょう」の『激闘!西表島』の魅力

その後も、ドラマや映画でも全国公開作品にメインキャストで出演し続ける一方で、地元・北海道を大事にする姿勢は続き『しあわせのパン』から始まる北海道3部作や『探偵はBARにいる』シリーズなどに主演、中には東京より北海道の方が動員が良かったなんて話もありました。

今や売れっ子俳優(森崎博之、安田顕、戸次重幸、音尾琢真)の集まりとなり、日本一チケットの獲れない劇団とまで言われているTEAM NACSは、北海道がらみの企画には積極的に関わっていて、今や“北海道の顔”となりつつあります。

そんな大活躍の大泉洋は「水曜どうでしょう」から始まったパブリックイメージで、演じる役はご陽気なキャラクターが多めです。

ただ、そんな大泉洋がびっくりするほどダークサイドの方に針が振れる時があります。

今回はそんなダークサイトを楽しめる、「黒大泉」「灰色大泉」を紹介します。そして三谷幸喜は何を見て頼朝役を大泉洋にキャスティングしたのかについても探っていきたいと思います。

NEXT|次ページ > 「黒大泉」3選

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録