あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<奈緒の魅力を再検証>“あな番“再び!「恋です!」でも話題!



©2021『あなたの番です 劇場版』製作委員会

一大考察ブームを巻き起こしたドラマ「あなたの番です」が、装いも新たにパラレルワールドの設定を取り込む形で『あなたの番です 劇場版』となって帰ってきました。

メインキャストの田中圭、原田知世、西野七瀬、横浜流星を筆頭にドラマオリジナルのキャストが再集結。

『あなたの番です 劇場版』は徹底した秘密主義が貫かれていて、通常は行われるマスコミ関係者試写も一切行わない“超厳戒態勢”での公開となりました。

メインキャストの4人以外にも個性的なキャストが揃った“あな番”ですが、その中で最もブレイクしたと言えるのが“ストーカー気質の301号室の住人”尾野幹葉を演じた「奈緒」でしょう。

【関連記事】<芳根京子の中毒的な魅力>を「真犯人フラグ」から検証する
【関連記事】女優・西野七瀬の魅力:デビュー10周年、注目したい飛躍の瞬間
【関連記事】田中圭、2つの顔を比較する/ブラック VS ホワイト

幼少期から女優志望


奈緒は子供頃から女優という仕事に興味があったとのことで、高校生の時にはすでに九州ローカルでモデル・タレント業を始めていました。

女優業一本で勝負するために20歳の時に東京進出、2016年に映画『雨女』、NHKドラマ「美女と男子」で全国区デビュー。

NHKとは縁が深く九州地区のローカル時代からドラマに出演があり、テレビスポットにも出演しています。

2019年の“あな番”を挟んでも、定期的にNHK作品には出演があり、2018年の連続テレビ小説の「半分、青い。」から「赤ひげ」シリーズ、亀梨和也主演の「正義の天秤」などに出演、2022年の出演作品としてすでに「雪国-SNOW COUNTRY-」がアナウンスされています。

朝ドラが一度、大河ドラマはまだ出演がないのですが、近々に出演が叶うのかどうか期待したいです。

そして“あな番”で大ブレイク


「あなたの番です」(C)日本テレビ

映画・ドラマでキャリアを積みながら出逢ったのが2019年のドラマ「あなたの番です」。2019年の春から秋まで異例の2クール放送で展開されたサスペンスドラマです。

2クールの前半を完全に“前フリ”に費やす大胆な構成で、序盤こそ視聴率面で苦戦しましたが、ネットを中心に一大考察ブームが起こり、第1章のラストまさかの原田知世の死を迎えてからの後半戦の“第二章・反撃編”からは視聴率も尻上がりに上がり、最終回には19.4%の高視聴率を記録しました。初回視聴率が8.3%だったことを考えると、すさまじいジャンプアップです。

「あなたの番です」はメインキャストの原田知世も田中圭も一定の人気はありつつも、ずばけた数字を出すタイプではなかったように思えます。田中圭が遅めのブレイクを果たした「おっさんずラブ」が“あな番”の前年春の放映です。また西野七瀬は乃木坂46を卒業したばかり、第2章・反撃編からは横浜流星が参加しましたが、ヒット請負人が集結したわけではありませんでした。これは群像ミステリーである“あな番”にとってはいい方向に作用したと言えるでしょう。


©2021『あなたの番です 劇場版』製作委員会

キャストのキャリア・認知度などでメインと脇のキャストに差があまりないことで、“誰が犯人であってもおかしくない”と視聴者に思わせることができました。“あな番”は、その結末・真相の在り方については賛否が分かれましたが、やはりこの“キャストの絶妙な配置”は見事でした。(映画版でも全員再集結させたのはお見事ですね)


「あなたの番です」(C)日本テレビ

そんな“みんな平等に怪しい”キャスティングの中で(特に第2章以降の活躍から)一気に視聴者の視線を集めたのが、奈緒が演じる尾野幹葉でした。あまりにも奇行が過ぎるので、“流石にそのまま、真犯人ではないだろう”とは思わせつつも「じゃあ、行動の真意はなんなんだろう?」と視聴者の心をかき乱したものです。


【関連記事】女優・白石麻衣の強み:ナチュラルに役と向き合い魅了する表現者

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ブレイク後の2020年出演映画6本! 2021年は出演映画7本!!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録