あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<解説&考察>「ミズ・マーベル」第1話:ガチヲタ少女が覚醒!?学園もの海外ドラマの新たな光



>>>「ミズ・マーベル」画像を全て見る(14点)

マーベル・スタジオが送るドラマシリーズの最新作「ミズ・マーベル」が2022年6月8日より配信された。

イスラム教徒のアメリカ人ティーンエージャーであり、アベンジャーズオタクでもある主人公・カマラを中心に繰り広げられる本作。マーベル作品の新機軸であり、今後のシリーズを支えるであろうニュー・ヒーローの誕生やいかに……。

本記事では、「ミズ・マーベル」第1話の魅力をマーベル好きのライターが紐解いていく。

>>>ディズニープラスで「ミズ・マーベル」を観る

>>>【関連記事】Disney+(ディズニープラス)の使い方|こういう人は絶対使うべき!

開始30秒でアガる最高のオープニング

過去のシリーズでもお馴染みなのが冒頭のマーベル・スタジオのロゴ。

作品によって、個性豊かな演出がなされるのも各作品の見所だが、本作ではノリノリの音楽にのせて、軽快な幕開けとなった。



ここで使われたのが、The Weekndの「Blinding Lights」という楽曲。
2019年11月にリリースされた本作は、世界中のチャートで週間1位と年間1位を獲得するなど、驚異的な成功をおさめ、2020年の最も売れた曲にも選ばれた名盤である。

楽曲のタイトルは直訳すると「まばゆい光」という意味になり、“孤独”や“憧れ”について語る歌詞が印象的。

そして、これがドラマの内容と絶妙にリンクしているように感じられるのもニクいポイントだろう。



変わり者として家族や同級生から"孤独"を感じる主人公にとって、ミズ・マーベルは“まばゆい光”を放つ“憧れ”の存在。

また、特殊能力を手に入れた彼女は、“まばゆい光”を発するように力を覚醒させることになるのだ。

なにはともあれ、本作を見ていない方には、まずは騙されたと思って、開始から30秒をご覧いただきたい。

傑作ティーンエージャーものの系譜



「冴えない主人公が特殊能力を手に入れて……」という導入にこそ『スパイダーマン』を彷彿とさせられる本作だが、オシャレかつポップな演出には、近年の傑作ティーンエージャーものの系譜を継ぐような魅力がある。

周囲から変人扱いされる人物が自身の才能でのし上がる展開は大ヒット海外ドラマ「glee」にも通じており、自立の一歩として車の運転が用いられる部分には『バンブルビー』を思い出す部分もある。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』のようなアメリカのインディーズ学園映画を想起させられる遊び心溢れる演出にも、自然と惹きつけられる。



空想癖を持った主人公の世界を具現化した場面の数々や、コミックのコマ割りのような脱出シーンなど、斬新な表現が多く、最後まで心地よいテンポ感で物語が進むため、気づけば観終わってしまう作品でもあった。

※以降からは「ミズ・マーベル」第1話の重大なネタバレを含みます。未鑑賞の方は、ぜひ観賞後に記事をご覧ください。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ファンを惹きつける設定

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2022 Marvel