その他

REGULAR

2022年08月13日

「そんなことまで話すの?」ファンが支えるラジオアプリ「GERA」が楽しすぎる

「そんなことまで話すの?」ファンが支えるラジオアプリ「GERA」が楽しすぎる



テレビやYouTube、動画配信サービス…さまざまなメディアが多角化する中で、今、改めて注目を集めているのが音声コンテンツだ。

今回は、その中でも芸人のラジオに特化したラジオアプリ「GERA」を紹介。

錦鯉やラランド、ヒコロヒーといったTVでも活躍中の人気芸人たちは「GERA」という場で、何を話しているのか。注目の7番組をピックアップ!

お笑い芸人特化ラジオアプリ「GERA」とは



「GERA」とは、株式会社ファンコミュニケーションズが運営しているお笑い芸人特化ラジオアプリのこと。

今年で2周年を迎え、M-1グランプリやキングオブコントなどの賞レース、その他のテレビ番組で活躍されている芸人たちを始め、ライブシーンで活躍している芸人たちが配信中。

基本的に法人の広告収入に頼らず、スポンサーはリスナー個人のため、芸人たちが比較的自由に番組を配信しているのが、他にはないポイントだ。

そんな「GERA」内で配信中の番組の中でも、良い味を出している、より人間味を感じる7番組を紹介しよう。

錦鯉『錦鯉の人生五十年』



なぜ「GERA」というアプリに出会えたのか。それは、M-1グランプリで優勝する以前、今ほど陽の目を浴びてはいなかった錦鯉のラジオを聞きたいがゆえだった。

「人生五十年」は、おバカでマイペースな雅紀さん、それをちょうど良い具合にコントロールする隆さんの良さが全面的に出ている。テレビへの出演が増えたからこそ、この番組を聞くと「あ、雅紀さんってテレビでは、ちょっぴりバカを隠そうとしているのかも」と思うほど、想像以上におバカだ。

しかし、そんな雅紀さんをサゲるに止めないのが、ブレイン・隆さんのすごさ。「何言ってんだ」と言いつつ、言葉の節々に愛と優しさを感じるのが不思議だ。隆さんのテレビでは見れない一面を、ラジオで聞くことができるのも「人生五十年」のおもしろさのひとつ。

ちなみにお気に入りの回は#99「YOASOBIはB'z?」だ。流行りのアーティストを聞いて「わからないな〜」「なんて読むんだ?」と話す、おじさん2人のトークがクセになること間違いなし。

>>>【関連記事】芸人・錦鯉の魅力とは|強烈なギャグと愛のある気遣いのM-1チャンピオン

ラランド『ラランドの声溜めラジオ』



個人的にテレビで見るイメージを1番ひっくり返してくれる番組。世間では、かしこいサーヤとだらしないニシダとして見られる2人が、これでもかというくらい包み隠さずに下ネタを話していることに驚いた。(メッセージ採用されたら、ラブグッズがもらえますからね)

また、好きな人しか聞いていないからこそ、ネガティブな話をしゃべくり、ブラックな一面を惜しみなく出している印象。

そんな2人のエピソードを聞いて、静かに口元が緩む自分に気づいたとき「品行方正だけが求められる時代じゃないぞ!」「コンプラ無視して、なんぼだろ!」と普段隠していたダークな部分が押し寄せてくるだろう。

ニシダ・アドをすれば、たちまち二十年待ちになるほど社会的信用が高い2人の新たな一面は、開いてしまったらクセになること間違いなし。

ヒコロヒー『ヒコロヒーのストロベリーワンピース』


 
「よっしゃ聞くぞ!」と聞くのではなく、日常生活の中で自然と流しておきたい。そう思える心地よさは「あなたの耳の地元のツレ」という番組のキャッチコピーを体現している。そして、ヒコロヒーさんの発言が唯一ネットニュースにならない番組でもあるのだ。

話す内容、スタッフの巻き込み方、声の大きさ、すべてが心地よい。

ただ、心地よい=取るに足らないと思われたら、それはちがう。日常の何気ない出来事を「笑わせてやる!」感なしで、面白ろおかしく語るのが彼女の魅力だ。

#72「ガチンコファイトクラブ」では、ヒコロヒーさんがリスナーからのメッセージに対して「私が甘かった」と後悔し、リスナーにもうすこし厳しくいくと宣言。ありがたいメッセージに対しても「気の利いたお便りを送ってきて」と感謝しつつ「気の利いたメッセージに甘えてお互いが成長できません」とキレてしまうのだが、嫌味を一切感じないところが彼女の凄さを物語っている。

興味を持った方は、とりあえず2021年12月30日配信の総集編①から聞いてみてほしい。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

RANKING

SPONSORD

PICK UP!