『あさひなぐ』舞台挨拶レポ:西野七瀬&白石麻衣 編

※各画像はクリックで高画質表示が可能です。

※文末に記事内掲載以外の写真を含めたギャラリーを設置しております。

人気アイドルグループ・乃木坂46を主要キャストに迎えた、実写映画版『あさひなぐ』の完成披露上映会が8月28日(月)東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催。

主人公・東島旭を演じた乃木坂46・西野七瀬さん、主人公の憧れの先輩・宮路真春を演じた白石麻衣さんら主要キャストと英勉監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。

今回の記事では昨日のレポートから、西野七瀬さん、白石麻衣さんによりフォーカスした内容をお届けします。

昨日の記事はこちら
美女揃い!『あさひなぐ』舞台挨拶レポ!撮影エピソードが多数登場!

ハードな練習を乗り越えて得た自信

映画の完成披露に際しての気持ちを聞かれた、主演の西野さんは「ここにいる皆さんが初めて観るお客さんということで、観終わった後にどんな感想が浮かぶのか楽しみな気持ちがいっぱいです。なぎなたをみんなで頑張ったので、カッコイイなと思ってもらえると思います」と自信を伺わせます。

ハードな練習にキャストの皆さんが涙を浮かべたというなぎなたのシーンでは、「練習を重ねていくに従って、それぞれのキャラクターらしさが出来上がって、吹き替えでは真似できないレベルになったので本人にやってもらおうと思い至った」と監督がコメント。

西野さんも「練習しているうちに、試合シーンは吹き替えかもしれないけど、これは自分でやりたいと思った」と本作への熱意を語ります。しかし、「意を決して、明日(試合シーンを)自分で演りたいです。って言いにいったら『そのつもりです』って言われて、ああ〜ってなりました」と撮影時のエピソードを披露して、会場の笑いを誘います。

一方、白石さんは「兎に角なぎなたが強くなきゃいけないというところで、(なぎなた練習の)初日に指導の先生から『真春ちゃんだけ特別に厳しくビシバシいくからね』と言われて初日から心折れそうになった」と告白。これには他のメンバーから「早い!」とツッコミが。

「でも、なぎなたをやっていくと楽しいし、出来てくると嬉しくて、全然苦ではなかったですね。」と強気のコメント。続けて、「(自分の登場シーンの)試合数がとにかく多くて、一つ試合(シーンの撮影)が終わっても次があるので体育館で新しい試合の段取りを覚えたりして、ひたすら覚えなくちゃいけなくて、それは大変だったけれど楽しかったです」と振り返ります。

みどころは旭が真春に食ってかかるシーン

また、映画の見所を聞かれた西野さんが「旭が憧れの先輩である真春を呼び出して、食ってかかるようなシーンがあるんです。そこでの旭の表情とか決意した感じを頑張りました」と自身のシーンを紹介。

相手役の白石さんも「監督と一緒にモニター見てたんですけど、めちゃくちゃカッコ良かったですね。決まってるなぁと思って、是非観てもらいたいですね」と絶賛。これには西野さんも照れくさそうにしていました。

二人が対峙する物語のクライマックスシーンは特に注目ポイントとのことなので、これからご覧になる方は楽しみですね。

勿論、お二人だけでなく乃木坂46メンバーをはじめとした他のキャストも同様になぎなたの稽古を乗り越え、吹き替えなしで試合シーンを演じているなど熱意を持って取り組んだ作品となっています。

キャスト・スタッフ・関係者みんなで作り上げた自信作ということで、乃木坂ファンのみならず何かに打ち込んでいる同世代には共感できる部分も多い作品ではないでしょうか。

そんな青春なぎなたエンターテーメント・映画『あさひなぐ』公開をお楽しみに!

映画『あさひなぐ』は9月22日から全国公開です!

■「乃木坂週刊映画」も読んでみる

■「3期生お見立て会へ潜入&詳細レポート!!」も改めて読んでみる

■『あさひなぐ』関連のシネマズ記事をもっと読みたい方は、こちら

写真ギャラリー

(写真・取材・文:いぢま)

関連記事

美女揃い!『あさひなぐ』舞台挨拶レポ!撮影エピソードが多数登場!
『あさひなぐ』感想、これ以上は望まない“青春の灯火”
乃木坂46、全力!映画『あさひなぐ』本予告映像解禁
乃木坂46「あさひなぐ」舞台版、配役明らかに。薙刀練習風景も到着
乃木坂46、薙刀で美競演!東宝史上初の映画&舞台化同時プロジェクト発表

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com