若手女優たちの魅力を引き出すための ホラー映画『劇場霊』

■「キネマニア共和国」

今回はホラー映画の紹介なので、ネタバレは避けたいところなのですが……(あ、だから気になる方は鑑賞後に読んでくださいね)。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~ vol.65》

『劇場霊』ってタイトル、ちょっと違っちゃいませんかね?

劇場霊 ポスター

ホラー映画版『ガラスの仮面』?

『劇場霊』のストーリーは、なかなか役に恵まれない若手女優・水木沙羅(島崎遥香)が、気鋭の演出家(小市慢太郎)の新作舞台『鮮血の呼び声』のオーディションを受け、実は主役の座こそ同じ事務所のスター篠原葵(高田里穂)に内定してはいたのですが、そこで知り合った同じ境遇の女優・野村香織(足立梨花)ともども端役を勝ち取りました。

しかし、その後、劇場の中で謎の殺人事件が起こります。しかも、その死体は死蝋化(長期間空気との接触を断つことで、遺体の脂肪が蝋状化すること)していたのです……。

ここまで記すと、本作が『ガラスの仮面』のごとき世界観の中で繰り広げられるホラー映画であることがおわかりいただけるかと思います。

一方で、おそらく予備知識なしでこの映画に接する方々のほとんどは、劇場に棲みついた霊の恐怖が描かれるものと思われているのではないでしょうか。

違うんだなあ、これが……。
(はい、以下ネタバレです)
劇場霊 予告
この映画に登場する劇場に、霊なんか棲みついていません。

舞台の小道具として劇場に運ばれてきた等身大の人形に、霊が棲みついているのです。

もっとも、その事実はオープニングの段階であらかた匂わせているので、さほどネタバレというほどのものではないのかも。

で、当然ながら、この人形が人を襲い始めるわけなので、『劇場霊』というよりは『人形霊』のほうがふさわしいのではないかという気もしないではありません(同じ邦題の韓国ホラー映画もありますが)。

おそらく今回は、映画撮影所に霊が棲みついているという設定の『女優霊』(96)で映画監督デビューを果たし、その名を高めた中田秀夫監督による最新ホラー映画ということで、こういうタイトルにしてみたのでしょうが、逆に『女優霊』のノリを期待して見に行くと肩透かしを食らうことにもなるでしょう。
劇場霊

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事