日向坂46の展望と長濱ねる

(c)Seed&Flower合同会社

2019年3月7日、欅坂46・けやき坂46、そして日向坂46を応援しているファンに衝撃が走った。けやき坂46の創設メンバーであり、けやき坂46の支柱でもあった長濱ねるの卒業発表だ。2017年の9月からは兼任が解除され、欅坂46としての活動となっていたものの、長濱ねるがけやき坂46(日向坂46)の基礎を築き上げ、彩りを与えてきたことは言うまでもない。そして卒業発表と同時期に、けやき坂46改め日向坂46が3月27日にシングル「キュン」でデビューする。それに合わせ本稿では、日向坂46のけやき坂46時代から日向坂46としてデビューに至るまでの振り返りや長濱ねるとの関係性、そして日向坂46の展望を述べていきたい。

INDEX:もくじ

1:日向坂46とは?
2:日向坂46と長濱ねるの関係性について
3:長濱ねるは日向坂46に何を残したのか
4:日向坂46のデビュー曲「キュン」から考えるけやき坂46の楽曲
5:欅坂46と日向坂46のアイドル論
6:日向坂46の活躍まとめ
7:日向坂46の活躍表(けやき坂46時代も含めた活躍)
8:日向坂46メンバーリスト

1:日向坂46とは?

まずは日向坂46とはどのようなグループで改名に至った経緯など基本的な部分からお話しさせていただきたい。

日向坂46(読み:ひなたざか)は、欅坂46(読み:けやきざか)のアンダー的な立ち位置として当初結成されたけやき坂46から改名したアイドルグループ(グループカラーは空色)。同じ坂道グループである乃木坂46や欅坂46が港区に実在する「坂」の名前からきているが、「日向坂」という名前も例外ではなく港区にある坂からつけられた名前である。

しかし、「日向坂(ひなたざか)」と読まれる坂は実在せず、「日向坂(ひゅうがざか)」からきていることが明かされている。確かにどちらの読みでも可能であるならば、日向坂46のイメージにぴったりのひなた読みのほうがしっくりくることは間違いない。これに合わせ、日向坂46のファンの総称は「おひさま」であることが発表され、ファン(=おひさま)と日向坂46(=ひなた)という関係性も生まれている。

また、日向坂46を紹介する上で外せないのは、けやき坂46という前進グループの存在である。前進グループとは言っても、メンバー等変更はないのだが…。そもそもけやき坂46が結成されたのは、長濱ねるが最終審査を受けていないにも関わらず欅坂46に途中加入する形となった特例という経緯に由来する(長濱ねるとけやき坂46の関係性については後述する)。長濱ねるの加入に伴い、けやき坂46が結成され合わせて新メンバーの募集も発表。この発表は欅坂46がデビュー前に行われたことにより、デビュー前にも関わらず新たにメンバーが増える異例の発表となり、メンバーを驚かせた。

その後は、欅坂46のシングル毎にカップリングとしてけやき坂46名義での楽曲が収録され、途中長濱ねるの兼任や解除など様々ありながらも、独自の色を出していきながら、着実に存在感を大きくしていった。2017年3月には「けやき坂46単独公演」がZepp Tokyoで開催されたり、平手友梨奈の不在によって当初予定されていた欅坂46の単独公演の代わりにけやき坂46の3days公演が行われたり、この時期にはアンダーという立ち位置ではもはやなく、ひとつのグループとしてのまとまりが見られるようになった。

また、2018年4月にはけやき坂46の冠番組「ひらがな推し」や「KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?」が放送開始、さらには舞台「あゆみ」に出演するなど外活動が増えていった。これは異例の待遇だと言えるだろう。それだけけやき坂46へ大きな期待の表れでもあったのかもしれない。そして、けやき坂46の兼ねてからの願いでもあったけやき坂46名義でのアルバム「走り出す瞬間」が2018年6月20日にリリースされ、これまでのカップリング曲を含め、「期待していない自分」など新曲も収録された。

そして、2019年2月11日にけやき坂46から日向坂46への改名と独立が発表されただ。

2:日向坂46と長濱ねるの関係性について

日向坂46と長濱ねるは切っても切れない関係である。ここでは、長濱ねるについて欅坂46加入、そしてけやき坂46として、2つのグループの兼任について振り返りたい。

長濱ねるは、2015年に欅坂46の1期生を決めるオーディションに他のメンバーと同じように参加し、第3次審査まで順調に駒を進めていった。しかし、最終審査まで残るとは思っていなかった両親の反対により最終審査当日にも関わらず地元である長崎県に連れ戻されてしまうことに。これには事前に母親と交わした約束が関係していた。

それは「(最終オーディションを受けずに)その日の飛行機で帰ってきなさい」というアイドルになる決意が人一倍強かった長濱ねるにとって、あまりにも惨酷な約束でもあった。長崎へ連れ戻された長濱ねるは、家に帰るや否や悔しさのあまり初めて感情を露わにしたそう。それを見かねた父親が運営スタッフへもう一度チャンスをもらえないかというある意味無謀とも言える相談をしたところ、運営側から乃木坂46の公演へ長濱ねるの家族が招待されるなど、異例の待遇を受けたのだ。もちろん、長濱ねるのアイドルへの思いや父親の思いもあるだろうが、運営側からの期待の表れと言えるのだろう。実際にこの後はグループの中心として、センター平手友梨奈の表裏一体の関係として、活躍を続けるのだから。

これを受けて両親にも心境の変化が生まれ、長濱ねるの夢を応援しようと決意を固める。両親の願いもあり、運営側は特例での加入を決定。しかし、類を見ない事例であることと、最終オーディションを受けていないという理由もあり、欅坂46としてではなく、新たにけやき坂46という乃木坂で言うところのアンダーグループとして加入することになった。

けやき坂46と長濱ねるの物語はここから始まったのだ。このことは、「欅って、書けない?」の番組内でも放送され、突然の新メンバー加入とけやき坂46の発足に戸惑いを隠せないメンバーが多く、複雑な思いを抱いていたメンバーも少なからずいたことだろう。当時まだデビューすらしていないメンバーにとってこの出来事は非常に大きなものだったと推測される。しかし、けやき坂46の活動と入っても、当初は欅坂46と共に活動をしており、欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」のカップリング曲「乗り遅れたバス」では平手友梨奈、鈴本美愉、小林由依、今泉佑唯らを背にセンターを務め、自らの境遇を歌詞にした楽曲を歌い上げた。

そして、2016年6月に「欅って、書けない?」内で欅坂46とけやき坂46の活動を兼任することが発表。この時期には新たにけやき坂46のメンバー11名も決定し、2ndシングル「世界には愛しかない」ではなんと「また会ってください」で初となるソロ曲を任された。

同シングルに収録されているけやき坂46名義発となる楽曲「ひらがなけやき」で、柿崎芽実と共にWセンターに抜擢、その後も「誰よりも高く跳べ!」や「僕たちは付き合っている」の全てでセンターとしてけやき坂46の躍進の柱を担っていった。

欅坂46としても表題曲を始め、てちねるゆいちゃんず名義の楽曲「夕陽1/3」や「微笑みが悲しい」、「バスルームトラベル」などで活躍もしている。2017年9月24日(5枚目シングル「風に吹かれても」の時期)には兼任が解除されけやき坂46からは独立、欅坂46専任に。この一月前にはけやき坂46の2期生も発表され、けやき坂46の基盤が固まり始めていったことが、長濱ねる兼任解除の理由のひとつでもあったのだろう。もはや欅坂46にとっても重要な存在になっていた長濱ねる。兼任をするには相当な負担もかかるだろうし、何よりもけやき坂46がグループとして成熟されてきたことが兼任解除にも繋がっていったのだろう。

今ではけやき坂46のパイオニア的存在として語られる長濱ねる。けやき坂改め日向坂46のメンバーもその存在の大きさを語っており、また改めて関係性を見てみると日向坂46のストーリーの中心には紛れもなく長濱ねるがいたのである。

3:長濱ねるは日向坂46に何を残したのか

長濱ねるが日向坂46に残したもの、それは紛れもなく「ひなた」から連想される強さや明るさではないだろうか。日向坂46の日向がそのままの意味「ひなた」であるならば聞こえはいいが、日向坂46が歩んでいきた道のりは決してスポットライトが当たっていたとは言えない。長濱ねるがオーディション辞退にかかるけやき坂としての活動など様々な障壁を乗り越えてきたのと同じように、日向坂46も改名に至るまでには「太陽」が当たらない時代を経験してきた。

欅坂46の長濱ねるといえば、「欅って、書けない?」の番組に出演していてもその物腰の柔らかさから、優しく中和してしまいそうな存在感を放っている。番組にひとたび出演すれば場が和むし、明るくもなる。欅坂46の表題曲はデビュー当初から一貫して平手友梨奈を中心にひとつのコンセプトを貫いているが、長濱ねるのその存在感は時に違和感として映ることもあった。

対して、けやき坂46ではMVを見ていただければ分かりやすいが、長濱ねるの雰囲気と見事に重なっている。また、ソロ写真集「ここから」を発売や長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」出演、テレビ番組に単独で出演するなどグループ外での活躍も目立っている。

欅坂46のセンターは平手友梨奈が務めているが、長濱ねるは裏センターと言われることもしばしば。けやき坂46のメンバーからしてみれば、長濱ねるの活躍はグループの魅力を多くの人に知ってもらうための宣伝大使として、さらには架け橋としての期待も大きかったはず。

先日開催された「MTV LIVE PREMIUM:日向坂46 -1st Story-」では、グループでは最年長の井口眞緒が長濱ねるが兼任する発表があった時のことを振り返り、「ねるちゃんがそこに立ってパフォーマンスしていたことで、私たちがどれだけ安心してステージに立てていたかを感じ、存在の大きさを改めて強く実感しました」と語っており、長濱ねるが日向坂46メンバーの心の支柱になっていたことが伝わってくる。そして、欅坂46専任が決まった日から、長濱ねるの意思を引き継ごうと奮起したメンバーの躍進にも繋がっている。

そして今、長濱ねるがけやき坂46の看板を背負って活動してきたその背を見るように成長してきたメンバーが、日向坂46というどこにも依存しない単独のグループがついに誕生した。けやき坂46という欅坂46の日陰に隠れたグループが、屈することなく地道に努力し、自らの手で勝ち取った経緯を見れば、この出来事がいかに大きな出来事なのか分かると思う。長濱ねるが残した太陽のような強く明るい日向坂46が楽しみである。

4:日向坂46のデビュー曲「キュン」から考えるけやき坂46の楽曲

2019年3月27日にはデビューシングル「キュン」が発売。先日「日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!」ではけやき坂46時代の楽曲から新曲まで披露され、ファンとしてもデビューが待ちきれない。そして、今回のデビューに寄せてけやき坂46と日向坂46の楽曲について考察したい。

キュン(TYPE-A)(特典なし)

けやき坂46名義の楽曲は、ユニット曲を含めると全部で31曲(「W-KEYAKIZAKAの詩」を含む)が発表されている。王道と言えるアイドルソングは見られないものの、幅広いジャンルの楽曲が展開され、時には「ひらがなけやき」とグループ名を題した自己紹介的な楽曲や「NO WAR in the future」といったメッセージ性の強い楽曲、決意表明の楽曲「イマニミテイロ」などけやき坂46時代には、様々な楽曲で試行錯誤しながらけやき坂46としての色付けがなされていった印象だ。

改めて楽曲を聴いてみても、どれも完成度の高いまとまりのある楽曲が多く、アルバム「走り出す瞬間」に収録されているユニット曲までもけやき坂46の個々のレベルの高さが伺えるものとなっている。

そして、日向坂46のデビューシングル「キュン」が発売ときた。日向坂46の改名発表から気になっていたデビュー曲だったが、蓋を開けてみれば王道すぎるほど王道路線をいく日向坂46だった。デビュー曲が王道をとることは少し予想外であったが、楽曲そのものはけやき坂46時代から受け継がれた完成度の高さは健在だった。王道の恋愛ソングということだが、爽快感も相まってさらっと聴けるのも良い。

MVを見ると、サビには「キュンキュンダンス」と呼ばれているキャッチーな振り付けを取り入れ、様々なファン層からのウケも期待される。

■公式TikTok

何よりも青空のような笑顔で心から楽しんでいるメンバーが印象的だ。けやき坂46時代は、グループの立ち位置も曖昧で、中々素直な気持ちで表現することは難しかったこともあっただろうから。

今回の「キュン」ではそこからの解放の意味も込められている(ように思う)楽しそうに踊るメンバーの笑顔を見ることができて心から嬉しい。また、カップリング曲である「JOYFUL LOVE」はメチャカリのCMソングに起用さされ、昨年の武道館公演などでも披露されたが今まで音源化されておらずファンも心待ちにしていた楽曲だ。こちらは大人っぽい恋愛ソングになっており、同じ恋愛ソングでもまた違った楽曲として楽しめそうだ。余談になってしまうが、「キュン」のMVでフロントメンバーが映し出されるシーンが中々エモいので見てみてほしい。

5:欅坂46と日向坂46のアイドル論

欅坂46と日向坂46、出自は同じだが異なる様相を呈している。その一つがセンターの固定化である。欅坂46の表題曲全てで平手友梨奈がセンターを務め、テレビなどで披露する際には平手友梨奈ありきのパフォーマンスになってしまうことも多い。もちろん誤解のないように付記させていただくが、昨年の平手抜きでのパフォーマンスからグループが決して平手依存ではないことを再確認させてくれた。

「黒い羊」においても、小林由依を始め小池美波や佐藤詩織らのパフォーマンスには気概すら感じるほどだった。しかし、グループの特徴として平手友梨奈が中心で形成されていることは事実である。平手友梨奈を中心に芸術のような、あるいは一種の演劇を見せられているかのようにさえ感じてしまう圧倒的なグループとしての底力は筆舌に尽くしがたい。

□関連記事:欅坂46 平手友梨奈の魅力と『響 -HIBIKI-』

一方で日向坂46のセンターは流動的だ。誰もが代役可能であるし、誰もが高水準でパフォーマンスができる。やはり、下積み時代(あまりこのような言い方はしたくはないの だが…)において、欅坂46を常に一番近い場所で見ていた日向坂46のメンバーの存在は大きい。一番近くに目標とする存在がいたおかげで、努力の方向性を見失わずにただ実直に取り組むことができたのだろう。

これまでセンターを務めたのは、長濱ねるを始め、柿崎芽実、齊藤京子、佐々木美玲、加藤史帆、小坂菜緒ら6名。小坂菜緒は2期生ながらデビュー曲「キュン」のセンターを務めている逸材だ。これまでの動向からも、日向坂46のセンターは小坂菜緒固定で行くことは考えにくく、バラエティ溢れる面々が沢山いる日向坂46独自の色を出して欲しいと願っている。

これまでのけやき坂46のパフォーマンスをみれば、欅坂46のそれと遜色がないほど、完成されたダンス、統率のとれたパフォーマンス、そして王道とも言えるアイドル像を高次元で実現していることが分かってもらえるだろう。

6:日向坂46の活躍まとめ

日向坂46は、けやき坂46時代からテレビドラマやレギュラー番組、舞台と様々なフィールドでも活躍している。

現在も放送されているけやき坂46の冠番組である「ひらがな推し」では、MCのオードリーの2人がメンバーの個性をしっかりと引き出し、それに対してメンバーがしっかりと答えるのでバラエティ番組としても面白く見ることができる。常に全力で企画に取り組むメンバーを見ていると応援したくもなるものだ。「ラーメン大好き、齊藤京子です」でもおなじみの齊藤京子やおっとりとした天然キャラの井口眞緒、パリピちゃんの愛称で知られラップでおなじみの富田鈴花と挙げればきりがないが、個性豊かなメンバーがバラエティでは躍動。日向坂46ファンならずともオススメしたい番組だ。

けやき坂46が主演の密室サスペンスドラマ「Re:Mind」では当初長濱ねるが出演する予定だったが、欅坂46専任が発表されたため2期生からオーディションで選ばれた渡邉美穂が出演することになった。欅坂46のドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」でも密室サスペンスが題材となっていたが、「Re:Mind」ではよりシリアスな展開が待ち受けていた。

(c)「Re:Mind」製作委員会

また、個別での活動もめざましく、舞台「あゆみ」や「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」、「ザンビ」、「ザンビ〜Theater’s end〜」ではけやき坂46を代表してメンバーが出演した。1期生、2期生問わず選出されている点がいかにもけやき坂らしい。

けやき坂46では初となるソロ写真集「陽だまり」を発売した渡邉美穂の活躍や小坂菜緒が「Seventeen」の専属モデルとなるなど2期生の個にも今後は注目していきたい。

7:日向坂46の活躍表(けやき坂46時代も含めた活躍)

●日向坂46TVドラマ出演
・「Re:Mind」(テレビ東京)

●日向坂46TV番組出演
・「KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?」(日本テレビ)
・「ひらがな推し」(テレビ東京)

●日向坂46ゲーム出演作品
「欅のキセキ」

●日向坂46出演舞台
・「あゆみ」出演メンバー:
チームハーモニカ 井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂。
チームカスタネット 柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより。

・「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」
出演メンバー:柿崎芽実、佐々木美玲、富田鈴花、渡邉美穂、潮紗理菜、丹生明里、河田陽菜、齊藤京子、金村美玖、加藤史帆。

・「ザンビ」
出演メンバー:
TEAM RED 齊藤京子、小坂菜緒。
TEAM BLUE 柿崎芽実、加藤史帆。

・「ザンビ〜Theater’s end〜」出演メンバー:
TEAM BLACK 潮紗理菜。
TEAM YELLOW 松田好花。
TEAM GREEN 佐々木久美。

●日向坂46CM出演
・メチャカリ
・カレーハウスCoCo壱番屋

8:日向坂46メンバーリスト

●1期生(2015年12月より行われたけやき坂46 メンバーオーディションで選抜)
・井口眞緒(いぐちまお)
・潮紗理菜(うしおさりな)
・柿崎芽実(かきざきめみ)
・影山優佳(かげやまゆうか)
・加藤史帆(かとうしほ)
・齊藤京子(さいとうきょうこ)
・佐々木久美(ささきくみ)
・佐々木美玲(ささきみれい)
・高瀬愛奈(たかせまな)
・高本彩花(たかもとあやか)
・東村芽依(ひがしむらめい)

●2期生(2017年5月より開催のけやき坂46 追加メンバー募集オーディションにて選抜)
・金村美玖(かねむらみく)
・河田陽菜(かわたひな)
・小坂菜緒(こさかなお)
・富田鈴花(とみたすずか)
・丹生明里(にぶあかり)
・濱岸ひより(はまぎしひより)
・松田好花(まつだこのか)
・宮田愛萌(みやたまなも)
・渡邉美穂(わたなべみほ)

●3期生(2018年夏開催の坂道合同オーディションにて選抜)
・上村ひなの(かみむらひなの)

(文:川崎龍也)

関連記事

欅坂46 平手友梨奈の魅力と『響 -HIBIKI-』
『響-HIBIKI-』の平手友梨奈がとんでもない「5つ」の理由


    ライタープロフィール

    川崎龍也

    川崎龍也

    岩手県出身のフリーランスのライター。音楽を中心にアイドルやYouTuber、eスポーツ関連の記事も書いています。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com