ただひたすら、上戸彩を愛でるための映画「昼顔」。

■「役に立たない映画の話」

昼顔

(C)2017 フジテレビジョン 東宝

「エロいとかセクシーという言葉は、褒め言葉なのか?」

女の後輩 上戸彩、好きでしょ?

先輩 どきっ。な、なんで分かるんだ?

女の後輩 顔が可愛くて元気で、実はけっこうグラマーで。もう先輩の好みの要素、全部持っているじゃないですか(笑)。

先輩 まあ確かに、上戸彩はチャーミングだから好きだよ。でも彼女ももう32歳。プライベートでは主婦で母親でもあるし。

女の後輩 「3年B組金八先生」の性同一性障害の子から「あずみ」を経由して、ドラマ「昼顔」に至る。そのプロセスを見ていると、最近特に色っぽくなったなあ、と感じたりします。

先輩 色っぽいというか、エロいよね、最近の彼女。

女の後輩 それ、 セクハラですよ!!

先輩 じゃあ「セクシーになった」と言い換えてもいいけれど、「エロい」というのは誉めているつもりだぞ。しかしいつ頃から「エロい」とか「セクシー」という言葉が、褒め言葉になったんだ?

女の後輩 さあ。言われた相手が不快じゃなければ良いのではないでしょうか?

昼顔 サブ12

(C)2017 フジテレビジョン 東宝

「あのドラマの結末は、意外だった」

女の後輩 というわけで、先輩の好きな上戸彩が久々に映画出演した「昼顔」。もちろんテレビ・シリーズも見てますよね。

先輩 うん。上戸彩が人妻を演じる事にも驚いたけど、吉瀬美智子演じる主婦が不倫常習犯で、上戸彩をその道に誘って・・という展開だと思ったら、最終的には吉瀬美智子が普通の主婦に収まり、上戸彩は旦那さんと別れてひとりでやり直すという結末で、これは予想外だった。

女の後輩 やっぱ彩ちゃん好きとしては、そういう役はやって欲しくなかったですか?

先輩 そんなことはない。女優として成長するためには、色々な役にチャレンジしてもらいたいと思うよ。

女の後輩 とかなんとか言って、実はセクシーな彩ちゃんが見たかったんでしょ(笑)?

先輩 まあな(笑)。ただ、あのドラマはあれで終わったと思っていた。旦那さんと別れて、ひとりで出直すという。ところが今度の映画版はあの続きで、別れたはずの生物教師と偶然再会して、焼けぼっくいに火がついてしまうという、実に何というか都合の良いストーリーだなあ、と。

女の後輩 よくあることじゃないですか。「あの物語は、終わってはいなかった!!」って劇場版が作られる。何十年、日本映画を見てるんですか(笑)?

昼顔 サブ1

(C)2017 フジテレビジョン 東宝

「上戸彩は、困り顔がセクシー」「倒錯してますよ、それ」。

先輩 その上戸彩の相手役が、斎藤工。あのマツコ・デラックスをして「顔面が性器のようだ」と言わしめた、こちらもエロさ全開の男優さん。

女の後輩 エロいふたり(笑)。やっぱりこのふたりでなくては、あの恋愛は成立しませんね。

先輩 テレビ・シリーズの時から思っていたんだけど、上戸彩って困り顔美人なんだな。彼女が斎藤工の生物教師に惹かれながらも、夫と生活も大切という葛藤が演技に出るんだけど、その様が良い。

女の後輩 S的な視点ですね。それって倒錯してますよ。

先輩 いやいや、困った顔がとても美しい女性っているんだよ。困ったり葛藤している彼女の映像に、自身のモノローグがかぶる。「神様は、許してくれないようです・・」とか。これで上戸彩のファンは、かなり増えたんじゃないか(笑)?

昼顔 サブ11

(C)2017 フジテレビジョン 東宝

女の後輩 で、劇場版のほうはどうだったんですか?

先輩 言うまでもないわい。ただひたすら、上戸彩を愛でるための映画になっている。笑う上戸彩、困る上戸彩、泣く上戸彩、そして斎藤工の生物教師と再会し、再び道ならぬ恋に落ちる上戸彩。

女の後輩 おっさん目線全開ですね(笑)。

先輩 というか、ずっと小さい頃から知っている、親戚の女の子がいつの間にか成長して、立派な女性になったのを眩しく見る感じ。おっさん目線というより、伯父さん目線(笑)。

女の後輩 上戸彩を愛でると同時に、斎藤工の顔面性器ぶりを
堪能する映画でもある(笑)。

先輩 ドラマから2年経って映画の撮影に入る際、上戸彩は斎藤工を見て涙をぼろぼろこぼしたと言う。感極まっちゃったんだろうなあ。そこまで役に入り込んだのか。

女の後輩 ヤバいですね。エロいふたりが感情をぶつけあって芝居するなんざあ、その後何があってもおかしくない。

先輩 いやいや、お互いプロの俳優さんなんだから、そのへんの分別はわきまえているだろうよ。

女の後輩 まあとにかく、「昼顔」は困り顔がエロい彩ちゃんと顔面性器の工くんの、禁断の愛を楽しむための映画ってことで良いですか?

先輩 うーん・・・いいのかなあ?

女の後輩 いいんじゃないですか。

先輩 投げやりだね。

■「役に立たない映画の話」をもっと読みたい方は、こちら

(企画・文:斉藤守彦)

関連記事

交錯する2人の運命…映画『昼顔』予告解禁!主題歌にLOVE PSYCHEDELICO
手を握り、寄り添う2人…映画『昼顔』新たな場面写真
心情的な表情、光る指輪。禁断の愛…『昼顔』場面写真


    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com