『君の名は。』をより深く楽しめる「15」の記事

■「君の名は。」関連記事

君の名は。 サブ1

(C)2016「君の名は。」製作委員会

2016年に公開され、興行収入250億円を超える大ヒット(歴代4位)を記録した『君の名は。』が2019年6月30日21時からテレビ朝日系にて放送されます。前回のテレビ朝日系での放送から約1年半。

シネマズPLUSでは、映画の公開から今まで数多くの『君の名は。』の記事を公開して参りました。

様々な角度からの記事を公開し、出し切ったとの認識がありますので、今回はその中でも鑑賞のヒントとなる「15」の記事をご紹介して参ります。

鑑賞前でも後でも、みなさんの『君の名は。』鑑賞がより楽しくなればなと思っております。

※本記事は前回のテレビ放送の際に掲載した記事をベースに、改めて掲載をしております。

その1:『君の名は。』の深すぎる「15」の盲点

https://cinema.ne.jp/recommend/kiminonaha2016092717/

『君の名は。』の深すぎる「15」の盲点の記事は、シネマズにおいて最も読まれている『君の名は。』の記事でもあります。

・男子高校生3人がカフェ巡りをしている理由は?

・瀧と三葉は時間のズレに気づいていた?

・三葉の父は、なぜ三葉に「お前は誰だ」と言った?

など、物語を理解した上でより深い「盲点」の解説となっており、みなさんの『君の名は。』鑑賞をより深く楽しいものにしてくれること間違いなしです。

その2:『君の名は。』さらなる3つの盲点!新海誠監督の次回作の構想とは?

https://cinema.ne.jp/recommend/kiminonaha2017073006/

『君の名は。』さらなる3つの盲点!新海誠監督の次回作の構想とは?の記事では、上記の「15の盲点」の記事を書いたライターが、より深く3つの盲点を新たに解説しております。

瀧の持っている英単語帳に書かれていた英文の解説や、奥寺先輩が婚約をした相手の解説などがされています。読んでみると「なるほど!」となりつつも、1回見ただけでは間違いなく気づかない部分であるので、非常に読み応えのある記事となっています。

その3:『君の名は。』が大傑作となった7の理由

https://cinema.ne.jp/recommend/kiminonaha2016090107/

『君の名は。』が大傑作となった7の理由の記事は、文字通り本作がなぜ多くの人を魅了するのかについて述べられています。日本文化へのリスペクトや、画作り、物語構成などあらゆる角度から高密度に分析がされています。

その4:「君の名は。」皆が疑問に思った、あの「引き戸」シーンの意味とは?

https://cinema.ne.jp/recommend/kiminonaha2016092007/

「君の名は。」皆が疑問に思った、あの「引き戸」シーンの意味とは?の記事では、細かな描写の重要性について述べられています。

特に「扉や引き戸をローアングルで捉えた印象的なカットの意味」について、ライター独自の視点で考察がされており、ただ解説するに限らず、『君の名は。』を思考するきっかけにもなる記事となっています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com